スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハトメの付け方と種類 - 必要な工具は100均でそろいます!


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[ハトメ] ブログ村キーワード

a0003_001459.jpg「ハトメに挑戦したい!」と思ったとき聞き慣れない名前がたくさん出てきて戸惑いました。座金? 上皿座、下皿座? ポンチってパンチとは違うの??? ハトメの素材も色々あるようですし打ち付け方も大きくわけて2種類あることがわかりました。お安く100均で道具をそろえることも可能です。ハトメ関係の用語や種類、必要な道具、付け方などをまとめました!






そもそも「ハトメ」って??? 大きさ・素材・種類

ハトメとは布、革、ビニール、紙などの素材にあけた穴を補強する金具のことです。円形で中央に穴があいているため紐を通すこともできます。単なる飾りとして使ってもおしゃれです。

ハトメの大きさは(メーカーにもよると思いますが)小さなものだと内径2.6mmの極小タイプや、よく見かける内径4mm〜6mm程度の一般的なサイズ、鞄やカーテン、インテリアなどに使われる内径20mmや40mmの別名アイレットとも呼ばれる大きめタイプなどがあります。

ハトメの素材は柔らかくて軽い仕上がりのアルミ製、腐食に強い真鍮製ステンレス製など様々です。お色はシルバーやゴールドが一般的ですがポップに着色した赤や緑のハトメもあります。

またハトメには「片面ハトメ」「両面ハトメ」があります。「片面ハトメ」は1つのハトメだけで穴を補強します。質のいいものだと裏も表同様キレイに仕上がるのですが、100均など安いものだと裏側が花弁のようにピシッと割れて触るとギザギザになってしまいます。肌などハトメの裏側が当たって傷つけやすいものには向いていません。「両面ハトメ」は素材をハトメと裏座と呼ばれる金具で挟むため表と裏どちらから見てもキレイな金属縁に仕上がります。片面ハトメの裏側(ギザギザ)で傷つけたくない素材やハトメを両側から見るものに向いています。

ハトメは東急ハンズのようなクラフト系のショップや文房具店、ネットショップで買えます。お安く済ませたい場合は100均(ダイソー)がオススメです! 工具コーナーで売ってます。



line.png




ハトメの用語と、その意味

鳩目
漢字で書くとこのようになります。仕上がりが鳩の目のように見えるからとかなんとか……。

アイレット
ほとんどハトメと意味は一緒のようです。英語。

打ち棒
ハトメを手打ちで取り付けるときに使う金属製の棒。

打ち皿
ハトメを打つときにハトメの下に置いて使います。金属製。中央にある溝がハトメの足をくるっとひっくり返してくれます。上皿座、下皿座と上下で挟んで使うものもあるようです。

ポンチ
先端が鉛筆の芯のように円錐形になっている金属製の棒。素材に垂直に当てて金槌で打ち、穴をあける。(または穴をあける箇所をマーキングするのに使う。)うるさい。

スクリューポンチ
普通のポンチのように叩くのではなく上から押すだけで簡単に穴があけられるねじ込み式の穴あけポンチ。静かなので夜でも使える。

ハトメ抜き
ハトメ専用の穴あけ。用途はポンチと一緒なのでどちらかがあればイイ。



line.png




ハトメの付け方は大きく2種類! 手打ちorプレス

ハトメを付けるには金槌でトントンと手打ちする方法と、ハンドプレスやハトメパンチでプレスする方法があります。

金槌を使う場合は打ち棒打ち皿が必要です。1つ1つ手作業で進めるためハトメの数が少ない場合にオススメです。デメリットは音がうるさく夜には作業できないこと。振動もあります。机や床など傷つけないように注意してください。

もう1つのハンドプレスやハトメパンチを使う方法なら音が出ません。また大量にハトメをする場合も楽です。ハンドプレスとは駒を替えるだけでハトメにもカシメにもホックにも使える万能のプレス工具です。デメリットは大きくてかさばること。値段が高いこと。本格的に作業したい人にオススメです。

なるべく費用を抑えて音も出したくない人にはハトメパンチがオススメです! ホッチキスのように片手で握って使います。ダイソーでも売ってます。



line.png




ハトメに必要な道具

[手打ちの場合]

・穴をあけたい素材
・ハトメ
・ポンチなど穴をあける道具
・打ち棒
・打ち皿
・金槌




[プレスする場合]

・穴をあけたい素材
・ハトメ
・ポンチなど穴をあける道具
・ハンドプレスまたはハトメパンチ




必要な道具は100均でそろえることもできます。(ハトメも打ち棒&打ち皿も、ハトメパンチもダイソーの工具コーナーに置いてあります。)質も悪くないようですよ。

ただ道具は他のもので代用せずに専用の道具を使ったほうがキレイに仕上がります。サイズも適したものを使ってください。またハトメと工具(打ち棒&打ち皿。またはハトメパンチなど)のメーカーが違うとサイズがあわなかったり、仕上がりがキレイにならないこともあるようです。

金槌を使った手打ちでうまくいかない場合は力が弱いか、均等に力が入っていないのかも……。その場合はハトメパンチでチャレンジしてみてください!



line.png




ハトメを付けよう!&失敗したときは

1. 素材に穴をあける
2. 穴にハトメをセットする
3. ハトメを手打ちまたは道具を使ってプレスする




以上。(笑)

ハトメって聞き慣れない用語が出てくるし道具もたくさん種類があって最初は「???」となるのですが作業自体はとっても簡単。穴をあけてハトメをセットして潰すだけ。それなのにこの一手間で作品のグレードがアップしてすっごくおしゃれに見えるんです。

失敗してもペンチで裏側をめくってやればぽろっと取れます。詳しくは下の動画で!







line.png




こちらのブログ&サイトを参考にしました!

パーツラボのハトメ・アイレット
クラフトパーツ専門店だけあって詳しく解説されています。購入も可能!

ダイソーの打撃型両面ハトメ10mmサイズを試してみた
ダイソーの両面ハトメと打ち棒を使って。

100均(ダイソー)のハトメパンチ
ダイソーのハトメパンチを使って。

100均ハトメのパンチ練習!&ありがとうはんこ☆
ダイソーのハトメパンチがキレイに留められなかったら。

ハトメ(アイレット)がかわいくて好きすぎる
文房具屋さんのハトメパンチ使用。カラーのハトメもかわいいです!

ダイソーのハトメでタグ作り。
100均とは思えないかわいいタグが作れます!

(3)ハトメを決めましょう
紙のタグにつけるハトメの強度について。金ハトメだけだと強度は弱い!



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。