スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベランダの重量制限の調べ方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

BeFunky_null_2.jpg「ベランダガーデニングをする際はベランダの重量制限に気をつけましょう」ベランダガーデニング関係のサイトでは必ずと言っていいほどこのように注意されています。当然このブログでも……。しかしどこにも具体的な制限量は見当たりません。お恥ずかしながらこのブログでも説明は省いていました。ただベランダガーデニングを進めるに従って「何キロまで大丈夫なの?」と不安が大きくなってきました……。






契約した書類に書いていると思った&管理会社に聞けばいいと思った

うちはまだ物が少ないのですが、いずれ大きな鉢に植物を植えたいなと思っています。でも鉢って意外と重いですよね。そこに土を入れて、鉢のサイズに見合うくらいの大きな植物を植えて、お水をあげたら女性1人で動かすのってかなり大変だと思います。

「大きな鉢を置く時に調べればいいかな」という気持ちと、「問題が起こってからじゃ遅い!」という気持ちがあって、すっきりさせるためにも検索してみました。

するとなんと、同じように考えて実際に調べられた方を発見したのです。その方がおっしゃるには、契約したときの書類には特にベランダの耐荷重については書かれておらず、管理会社に電話で確認しても誰も制限量を知らなかったそうなのです。「書類を見ればいい」「管理会社に聞けばいい」と思っていた私はびっくり。

ベランダガーデニングのサイトでは「ベランダには重量制限がある!」とか「耐荷重をオーバーしないように!」と言われていますが、それでは具体的な数字を調べるにはどうしたらいいのでしょうか……。私もベランダガーデニングのブログをやっている以上、ますますはっきりさせたくなりました。



line.png




リクシルが教えてくれた「1㎡あたり183kg」

窓やエクステリアでお馴染みのリクシルのホームページに答えがありました!

トップ>Q&A・お問い合わせ>バルコニーの重量制限について知りたい。
http://faq.lixil.co.jp/consumer/faq_detail.html?category=58&category_title_id=58&page=1&id=1164

>局部的に50kgを超える重いものを設置すると床材(デッキ材など)が傷む恐れがありますので、おやめ下さい。
>また、1m?あたり183kg以上の重さをかけますとバルコニーが損傷する恐れがありますので、おやめ下さい。


リクシルさんがおっしゃるなら信用できます!(笑)でもこの「1㎡あたり183kg」という数字はどこからきたのでしょうか。さらに調べてみました。



line.png




建築基準法で定められていた!

建築基準法で床の耐荷重は180kg/㎡と定められていました。なるほどなるほど。……って、思えば当たり前ですよね。安全に暮らすためにちゃんとしたおうちを建ててもらわないとみんな困りますから。

1㎡ってどのくらいの大きさかと言いますと、畳一枚が1.65㎡になるそうです。単純計算で畳1枚あたり297kgは大丈夫みたいです。みかん1箱が10kgなので29.7箱分。う〜ん。これはかなりの数です。

もう少し補足しておくと180kg/㎡とは「住宅用途の長期積載荷重の最低基準」で、例えば10㎡の部屋なら「積載される総荷重が1800Kgであっても耐えられるようにする」ということだそうです。

詳しくはこちら⇒床の耐荷重が180kg/㎡であるということは、1㎡に180kg以上の荷重をかけた場合には...



line.png




私は建築は素人で難しいお話も苦手……。建築年数の古い木造だとまた違ってくるかもしれませんが一つの目安ができてほっとしました。これからもベランダガーデニングを安全に楽しめそうです♪



耐荷重以外にも⇒ベランダガーデニングの注意点-マンションで楽しむために-

夏でも快適なベランダ作り⇒マンションもOK! ベランダの日よけ対策もおしゃれに!



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。