スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー染めでアンティーク風の洋書・地図・楽譜を作りました!


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[紙もの] ブログ村キーワード

IMG_2463.jpg



少し前にスケッチブックをコーヒー染めしました。裏表3枚染めたので6パターン作れました! 1つ1つ手作業で行ったので表と裏でもだいぶ表情が違います。

「数日はコーヒーの匂いがする」ということでしたがなぜか醤油臭い……。(笑)しかも匂いがとれない! 今回はドリップのコーヒーを使いましたがインスタントの溶けるタイプだとまた違うのかも。詳しいコーヒー染めのやり方についてはまた後日記事にまとめるつもりです!!!

コーヒー染めしたスケッチブックをスキャンで読み込んで洋書・地図・楽譜を印刷。画像のように簡単にアンティーク風に作れました!

スキャンしたスケッチブックのコーヒー染めは繰り返し何度でも使えて便利(b´ω`d) 醤油コーヒーの匂いも気にならないですよ〜。(笑)アンティーク風の紙ものをたくさん作りたいな〜!






IMG_2464.jpg



一番最初に作った古書風。下の方にはページ数とタイトル&作者名も入れて洋書の1ページのように作りました。これをロウ引きしてもいいかな、と。

使用したコーヒ染めのスケッチブックにはシミをいっぱい作りました〜。



IMG_2465.jpg



次に作ったのが古い世界地図風。洋書がモノクロだったのでこちらはレトロなカラーにしました。

ここで「印刷がかすれたように加工するともっと本物っぽくなる!」と気付いて、わざと地図の一部をうすーく消したりしました。地図の色もそのままだとハッキリしすぎていたため色あせたように調整……。

使用したコーヒー染めの画像はかなり濃い茶色のムラが特徴的です。



IMG_2466.jpg



古地図でコツをつかんで次に作ったのは楽譜。ハッキリした鮮やかな黒だったのを薄くぼかして、インクが時を経てかすれたように見えるように一部を薄く消しました。黒のインクがそのまま残っているところと、薄くぼかしているところ、ほとんど消えて見えづらいところをランダムに。

仕上げにカビのような白い点々とした汚れを入れて完成〜! (画像右上のあたりなど……。)

コーヒー染めの画像は濃すぎず薄すぎず。古地図よりもぼんやりとしたムラです。



IMG_2467.jpg



最初に作った洋書風の黒がはっきりとしすぎていたのが気になり、同じように調整しました。



IMG_2468.jpg



2つ並べるとこんな感じ。左が最初に作ったもの、右が黒の濃さを調整して一部を薄く消したもの。

見比べてみると左はシミのついた古い紙に、今の時代のインクで英文を印刷したようです。これはこれで好きです。

印刷した紙の端を焦がしたり、テープでペタペタして毛羽立たせるともっとアンティーク感が強くなりそうですね!



line.png


アンティークな紙ものが好きな方にオススメの過去記事!

ラベルをアンティーク加工して錆び缶&ペイント鉢&リメイクビンに貼ろう!
印刷にぴったりな紙や仕上げの加工のこと。

アンティークラベルを無料でダウンロードできるサイト
自分で作るのはちょっと難しい……という方に。

世界に1つだけのオリジナルアンティークラベルの作り方
自分でデザインしたいけど何から始めればいいかわからない方はこちら。

PCを使ったアンティーク風ラベルの作り方
パソコンでアンティーク風ラベルを作ったときの手順をご紹介しています。

海外風のヴィンテージチケットの作り方
人気のヴィンテージチケットを作りませんか? 紙選び&ミシン目の入れ方など。



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。