スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物の花をそのままの形でレジンで固める方法(3)プリザーブドフラワー編


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[UVレジン] ブログ村キーワード

a1130_000160.jpgレジンに花を沈めるのではなく、お花の形にレジンを固める方法をご紹介してきました。本物のお花を作ったピアス、ネックレスなどのアクセサリー作りに使えます。

(1)では、重しで花の水分を抜き取る押し花で、(2)では吊るして乾燥させるドライフラワーを使った方法でした。どちらも使用しているうちに退色してしまうという欠点があり、それを防ぐためには着色することが一番の対策でした。

それなら液に浸すだけで花を乾燥させて、パステルやレインボーなど好きなカラーに着色できるプリザーブドフラワーを使ってみよう! というのが、今回のお話です。






おうちで作ろう! プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは、直訳すると「保存花」という意味で、専用の液に花を浸して脱水・脱色させたあとで着色します。カラーバリエーションが豊富だから、本物らしい色合いにもできるし、パステルやレインボーなどアートなお花も作れます!

仕上がりはとても繊細。そして、お花がぺったんこになってしまう押し花や、時間が経つとアンティーク風に変色するドライフラワーとは違って、プリザーブドフラワーは生花と見間違えそうなくらいみずみずしいのが特徴です。

このプリザーブドフラワーは誕生日や結婚祝いなどのギフトとしておしゃれにアレンジされたものが定番となっていますが、アレンジしていないバラ売りのプリザーブドフラワーもあります。







こちらはプリザーブドフラワーやデコパーツの専門店Reveで購入できるロザヴィ社製ローズ「アヴァ」です。直径約2cm、お値段は1つ180円 (税込 194 円)で、20色から選べます! プリザーブドフラワーといえばバラが定番ですが、こちらのお店ではカーネーション、アジサイ、ライスフラワー、ラグラスなども扱っています。

また、買わなくても専用の液を購入すればおうちで簡単に作れます! A液、B液とセットで使うものが多いですが、1液で脱色から着色までできる商品もあります。先ほどのお店でも加工液が購入できます!

詳しい作り方は「おうちでできるって知ってましたか?プリザーブドフラワーの作り方」をご覧ください!



line.png




プリザーブドフラワーにレジンを塗ろう!

プリザーブドフラワーが用意できたら、いよいよレジンを塗っていきます。レジンにはいろんな種類がありますが、硬化時間が短くて、しなやかな仕上がりになるUVレジンのソフトタイプを使います。







こちらはUVレジン デコレジーナ ソフトタイプ 25gです。お値段は1,620円 (税込) 。こういった商品は手芸用品のABCクラフト手芸材料の通信販売 シュゲールで購入できます。

UVレジンは太陽光を浴びることで自然に硬化しますが、時間がかかりお花に影響が出てしまいます。より短時間で硬化するためにもUVライトの使用をオススメします!







こちらはジェルネイルにも使用できるジュエルラビリンス UVライト(紫外線照射機)36W(4,147円 税込)です。これがお天気や季節に左右されることなく、レジン作りが楽しめます!!!

プリザーブドフラワーにレジンを塗るには、爪楊枝の背(尖っていない方)などを使って、優しく塗布していきます。繊細なので壊れないようにご注意ください。また、一度に塗ろうとせずに、表面をちょっとずつ固めてから、裏面を塗ってください。

UVライトで硬化するときは、不要になったクリアファイルを切って下に敷きます。詳しい作り方は「本物の花をそのままの形でレジンで固める方法(1)押し花編」をご覧ください!



line.png




レジンで固めたプリザーブドフラワー

*紫陽花のプリザーブドフラワーのUVレジンアクセサリー(アクアマリン)*

とてもキレイなお色のアジサイとスワロフスキーを使ったアクセサリーです。UVカット光沢仕上げのラッカーを散布することで、UVレジンのべた付きもなくなるそうです。



覚書き・プリザーブドフラワーのコーティング

バラの花びらを丁寧に硬化。ある程度の固さはありますが「携帯ストラップなど、日常的にバッグの中で他の物と接触するような状況での使用はやめた方がいいかもしれません」とのことです。



プリザーブドフラワーをレジンで固めると、花が透けることがあります。これはお花の種類やライトの照射時間によって変わります。また、ドライフラワーでも同じような現象が起こることがあります。透明感や神秘的な雰囲気をお楽しみください。



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。