スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリザーブドフラワーのおしゃれなリースの作り方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[プリザーブドフラワーのリース] ブログ村キーワード

a0100_000016.jpgリースは造花やドライフラワーでも作れますが、生花そっくりの瑞々しさや、鮮やかなお色のプリザーブドフラワーのリースも人気です! 花材と、リースベース、グルーガンがあれば誰でも簡単に作れちゃいますよ〜。

材料が買えるお店や、プリザーブドフラワーを使ったリースの作り方などをご紹介します。






生花みたい! 色も形もキレイなプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、専用の液体を使ってお花を脱水&着色します。そのため、ドライフラワーのようにお花が乾燥で縮れたり、色褪せたりすることはありません。このみずみずしい見た目と、キレイなお色が、人気の秘密です。

花材の種類も多いですし、色も実際のお花に忠実なものや、アンティーク風の渋いカラー、かわいらしいパステルカラー、普通ではあり得ないようなレインボーカラーなどがあり、作りたいものにあわせて選べるのも魅力的です。







お店ではアレンジされたものやリースになったものを見かけますが、花材としてもバラ売りされています。花材も扱うクラフトショップや、プリザーブドフラワーの専門店などをお探しください。



◎バラ売りのプリザーブドフラワーが買えるお店

お花の贈り物 -solar- そらーる

はなどんやアソシエ(楽天市場店)



また、プリザーブドフラワーは、おうちで作ることもできます。詳しい作り方はこちらの記事をご覧ください!⇒「おうちでできるって知ってましたか?プリザーブドフラワーの作り方」



リースにあうプリザーブドフラワーの選び方

・平たいものよりも、立体感があって、ボリュームが出るもの(あじさい、バラなど)
・同じお花でも色によって印象が変わるので、何色か組み合わせても面白いです
・お花だけでなく、リーフや木の実を混ぜると、よりナチュラルな印象に仕上がります



line.png




土台となるリースベース

土台には「リースベース」と呼ばれるツタを巻いて作ったものを使います。自然素材なので、1つ1つ顔が違います。ツタの太さや色によっても印象が変わるので、お好みにあわせてお選びください!







リースベースは、プリザーブドフラワーの花材と一緒で、クラフトショップやプリザーブドフラワーの専門店などで取り扱われています。直径15cm以下の小さなものだと、30分もかからずに作れます。標準は直径20cm台。大きなものだと直径が30cmを超えますが、かなりたくさんの花材が必要で、時間もお金もかかります。また、仕上がりはリースベースよりも大きくなるので、飾りたい場所にあわせて選んでください。



◎リースベースが買えるお店

GREEN CLAFT

ドライフラワー工房シオン




リースベースの選び方

・ツタが細く、密集しているもののほうが、プリザーブドフラワーを挿しやすい
・トイレのような狭い空間には小さいサイズ、ドアのような場所には広いサイズがオススメ
・リースベースが大きいと存在感があるけど、時間とお金がかかるので注意!



line.png




プリザーブドフラワーのリースの作り方





[材料]

・プリザーブドフラワーの花材
・リースベース
・グルーガン
・(必要なら)フローラルテープ、ワイヤー
・(お好みで)木の実やリボンなど




◎グルーガンって?

ホットボンドとも呼ばれます。スティック状の糊を、銃の形をした本体にセットして、熱で糊を溶かしながら使います。溶けた糊は数秒で固まるので、乾くまで何時間も待つ必要がありません。クラフトショップでも販売していますが、同じ性能のものがセリアやダイソーのような100均で購入できます。グルースティック(糊)も忘れずに購入してください!



[作り方]

1. 花材の茎をカットする
2. お尻の部分にグルーガンをつける
3. リースベースに置いて、固まるまで指で支える
4. 一周すれば完成です! お好みでリボンなどで飾ってください!




◎作るときのポイント

・茎を数cm残して、グルーガンをつけずに直接リースベースに挿すこともできます
・グルーガンを使った方がしっかりと固定できてオススメです
・グルーガンは使用中、大変熱くなっています。取り扱いにはお気をつけください。
・右回り、左回りで順番につけていくと、変な隙間が生まれずボリュームが出せます
・大きな花を主役にしたいときは、先につけて置くと、位置がずれずキレイに仕上がります
・向きをそろえようとせずに、バラバラにしたほうがナチュラルな雰囲気になります
・壁にかける場合は、花材をつける前に、針金やリボンで作ったフックをつけておいてください
・花材をカットしてばらけてしまう場合は、フローラルテープでテーピングしてください
・元々茎が短い花材や、茎がない木の実などは、ワイヤリングを行うと挿しやすくなります



line.png




ワイヤリングって???

あじさいはすぐにバラけてしまうため、ワイヤリングを行ってまとまりが出るようにします。木の実は直接お尻にグルーガンを塗ってもいいのですが、ワイヤリングで差し込むこともできます。ワイヤリングにつは、YouTubeの動画がわかりやすいです。オススメの記事も一緒に紹介しておきます!











アジサイのワイヤリングすっきりまとめる方法をお教えします☆
ちょっとした工夫で、キレイに束ねることができます!

ガーベラのワイヤリングと扱い方
花首が落ちてしまわないようにワイヤーで支えます。



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。