スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デコパージュで市販の布アイテムをオリジナルデザインに!


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[デコパージュ] ブログ村キーワード

a0027_002343.jpg市販の無地バッグやポーチにデコパージュするだけで、オリジナルの布アイテムが作れます!

ワンポイントを入れたり、何種類か柄を重ねたり、スタンプと組み合わせたり……。ちょっと手を加えるだけで、簡単に自分だけのデザインが作れます。

デコパージュにぴったりの布素材の選び方や、オススメの専用剤、作り方などをご紹介しています。基本はペーパーナプキンですが、それ以外の紙の貼り方もご紹介しています。






デコパージュできる布素材の選び方と洗い方

◎布の素材

プラスチック、陶器、ガラス、石鹸など、いろんなものに使えるデコパージュ。もちろん、布にも使えます! ただ、起毛している素材は剥がれやすいので、避けてください。防水コーティングされているツルツルした布も向いていません。帆布(キャンバス)コットンなどがオススメです。お子さんの上履きにデコパージュされる方も多いですよね! 柄が透けやすいので、布素材の色は白系を選んでください。黒など濃い色はほどんと柄が見えません。



◎布の洗い方

デコパージュには専用剤を使用します。各メーカーから出ていますが、防水効果があるものがほとんどです。しかし、洗濯機の激しい動きではコーティングが薄くなったり、剥がれてしまうこともあります。洗濯機の使用はなるべく避けて、優しく手洗いして下さい。また、手洗いの前に、汚れた箇所だけ、水で濡らして絞ったタオルで拭き取ってみて下さい。それから必要なら手洗いを。なるべく刺激を少なくすることで、長く保ちます。



◎布のアイテム

このように、デコパージュ専用材には防水効果がありますが、激しく洗うには向いていません。布アイテムは、手提げやトートなどのバッグ類、お弁当を入れるような巾着、お化粧を入れるポーチ、スリッパなどがオススメです! オリジナルデザインのTシャツを作りたい方は、アイロン転写シートを使った方がいいですよ。洗濯に強いタイプも出ています。



◎デコパージュにおすすめの布素材が買えるお店



手芸用品のABCクラフト
言わずと知れた手芸材料の専門店。シンプルな無地のキャンバストートがあります!



line.png




布素材に向いているデコパージュ専用剤

デコパージュ専用剤は、ケマージュやトランスファーコートが有名です。これらも布に使えますが、布タイプの専用剤を選べば、キレイに貼れて洗濯にも強く、より効果的です。オススメは以下の2種類!



デコポッジ 《ファブリック》 300ml

1,980円(税込 2,139 円)

布専用の接着&仕上剤!こちらでコーティングすれば、手洗いで洗濯できます。30ml、100mlもあります。


Mod Podge モッド・ポッジ Fabric

1,080円(税込 1,166 円)

海外のクラフトで人気です。下地・接着・仕上げの3役。こちらは布を他の素材に貼るときや、他の素材を布に貼るときに最適です。裁断する前に塗って乾かすと、布端がほつれない効果も!




液による仕上がりの違いや、洗濯の強さなどは、こちらの記事で比較されています!

ベストな方法はどれ?布にへの画像転写を5つの液体で実験してみました



line.png




布にデコパージュする方法

デコパージュは、貼る素材、貼られる素材が違っても、基本的な作り方は一緒です!



[作り方]

1. 布の下にいらないクリアファイルを敷き、専用剤が染みるのを防ぐ
2. ペーパーナプキンはなるべく余白がないようにカットして、印刷された層だけ剥がして使う
3. ペーパーナプキン以外の紙はフィルム状にする
4. 使いたい柄を、布の上に並べて配置を決める
5. 柄を貼る位置に、専用剤を少量塗って、柄を置く
6. 柄をめくって、専用剤が足りない部分に筆で広げて密着させる
7. 完全に乾いたら、柄の上から専用剤を塗って、コーティングする
8. さらに乾燥させて、再びコーティングすれば完成です!!!




◎ポイント!

・なるべく余分な部分に専用剤がつかないように気をつけると、キレイに仕上がります。
・カバンやポーチは専用剤が染みるのを防ぐため、間にクリアファイルなどを敷いてください。
・布に元から糊がついている場合は、一度洗って乾かしてから作業してください。
・専用剤はムラがあると効果が薄いので、まんべんなく塗ってください。
・専用剤が完全に乾いてから、新しく塗ってください。(ドライヤーの冷風を使うと早く乾きます!)



こちらの記事もオススメです!

切って、貼って、塗るだけ!デコパージュ上履きの作り方

デコパージュ石鹸の作り方とおすすめの石鹸&ナプキン

自分で撮った写真でデコパージュする方法!



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。