スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者さんにもわかりやすい! 簡単ガーデニング用語


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[ガーデニング] ブログ村キーワード

a0780_000079.jpgベランダガーデニングをしていると日常ではあまり聞かない言葉が出てきませんか? 花がら、株分け、誘引、斑入り、コンテナー、多年草と一年草など専門用語を初心者さんにもわかりやすく、簡単に説明します。ベランダガーデニングで使う言葉がメインになっているのでお庭のガーデニングほど本格的ではありませんが、入門編として見ていただければと思います。



※随時更新予定!







◎アーチ
ベランダガーデニングでも時々見かけます。上半分が半円状になっている支柱のことです。バラなどツル性の植物を絡ませるととても美しいです。


◎移植(いしょく)
ある程度育った植物を別の鉢に植え替えることです。植物が大きくなったのに鉢が小さいままでは根詰まりを起こしてしまいます。移植する時に根っこを傷つけると成長が悪くなってしまうので気をつけてください。


◎移植ゴテ
苗を植える時に使います。ガーデナーのマストアイテムですね! 先端が尖っていてスコップよりも土がすくいやすいように深くカーブしています。

共柄補強付移植ゴテ 1.2mm 厚太



◎一年草(いちねんそう)
種を撒いてから発芽して成長し、開花して枯れるまでのサイクルが1年以内のもの。翌年も同じ花を楽しみたい場合はまた一から育てます。春に種を撒いて夏から秋に咲くタイプと、秋に種を撒いて翌年の春から夏に咲くタイプがあります。


◎イングリッシュガーデン
ガーデニング発祥の地イギリスでよく見られるお庭のデザインです。いろんなお花をたくさん使ってナチュラルに仕上げます。ベランダで再現するのは難しいですが鉢をたくさん置いてナチュラルにまとめている方は、もしかしたらイングリッシュガーデンが好きなのかも……! ちょっと似てますよね。


◎ウォーターガーデン
池、川、噴水など水のある景観と水生植物を楽しむお庭のことです。ベランダに小さな噴水を作られている方を時々お見かけします。……水道代いくらなのかな〜。


◎ウォータースペース
コンテナや鉢に植物を植えるとき、土は縁から第二関節ぐらいまで下げて入れて下さい。こうすることでお水をあげても土がこぼれません。このスペースのことをウォータースペースと言います。


◎ウッドチップ
木材を小さく刻んだもの。ベランダの一部に敷き詰める方もいらっしゃいます。木ならではのぬくもりがあってベランダがまるで森の一部になったようです。


◎ウッドデッキ
木製のテラスのこと。ベランダガーデニングでは床に木製のジョイント式パネルを敷いて、手すりに木製フェンスを吊るしてウッドデッキ風にされている方が多くいらっしゃいます。ナチュラルな印象です。

ジョイント式で楽々! ベランダの床にパネルを敷いておしゃれに
おしゃれな木製フェンスはベランダガーデニングのマストアイテム!


◎エアープランツ
根っこがありません。土に植えないでそのまま空の容器に入れたり、吊るして楽しみます。空気中の水分を吸うのでお水は時々霧吹きでシュシュっとする程度でOK! 簡単です。ベランダで育てている方はあまり見かけません……。

カプトメドーサL



◎栄養系、栄養繁殖
挿し木や株分け、分球などで植物を増やすこと。親と全く同じ遺伝子を持つクローン。


◎液肥(えきひ)
液体の肥料。即効性あり!


◎エクステリア
門や塀、外壁など屋外の全て。ベランダガーデニングにはベランダ専用の軽量化されたアイテムを選んだ方がいいです。エクステリア商品は地面に設置するものなのでかなり重いです。ベランダには重量制限があるため使えません。

ベランダの重量制限の調べ方


◎F1(えふわん)
品種改良のこと。一代限りの品種。


◎オアシス
お水をぐんぐん吸ってくれる濃いグリーンのアレ。お花屋さんでアレンジを買うとだいたいこれに花が刺さってます。乾燥している状態でちぎると繊維が飛び散って、吸い込むとゴホゴホする。触るとチクチク。ちょっと危険。


◎オーナメント
置物や飾りのことを「オーナメント」って言うとおしゃれな感じ。ベランダガーデニングではエッフェル塔、木製のホイール(車輪)、ミニチュアのガーデンツールやジョウロが人気です。雰囲気作りに欠かせません!

パリスエトランゼセット



◎オーニング
日除けの覆いのこと。巻き取り式で自由に屋根の長さを調整できる。ベランダに日陰を作れば少しは涼しく作業できる……かな。傷をつけない突っ張り式なら賃貸にも使えます。

マンションもOK! ベランダの日よけ対策もおしゃれに!


◎オープンガーデン
個人のお庭を見学できるシステム。だいたい見学日が設定されています。料金はチャリティー制と無料の場合があります。お花が好きな人とのコミュニケーションの場です。おうちの方にも色々質問できてためになります。


◎置き肥
植物の根元に固形肥料を与えること。じわじわ効きます。


◎親株
挿し芽、挿し木、接ぎ木の母体となる株。そうやって増やした新しい株のことを子株と言います。




◎ガーデンアクセサリー
オーナメントなど飾り全般。


◎ガーデンファニチャー
屋外用の家具。テーブル、イス、ベンチなど。奥行きが広めのベランダにおすすめです。ベランダがもう一つのリビングになります。


◎萼(がく)
花びらの外側の付け根にあります。


◎学名
苗や種を買うと載っていますよね。あれは世界共通の名前でラテン語で記す決まりがあるそうです。日本独自の名前は和名と言います。


◎化成肥料
化学的に作られた肥料のこと。


◎株間
株と株の間隔のこと。広すぎてもダメ。狭すぎてもダメ。株間が均一だと見た目が美しくなります。風通しがよくなり日光も当たるので植物がよく育ちます。花壇、お庭では重要ですが、鉢やコンテナが多いベランダでは……。でも植物の成長や見た目を意識することは大事ですよね!


◎株分け
株は大きくなりすぎても綺麗に花が咲きません。株を分割して殖やすこと。


◎緩効性肥料(かんこうせいひりょう)
じわじわと、そして長〜く効きます。


◎灌水(かんすい)
水やりのこと。広いお庭だと大変です。そんな時は自動灌水! 時間になると勝手にお水をあげてくれます。旅行中も安心! ベランダには自動灌水付きのハンギングバスケットが使えるかも。


◎観葉植物
葉が鑑賞目的の植物。室内で育てる人が多いかな。


◎寒冷地
北海道、東北地方、甲信越地方、中部地方の山岳地、近畿・中国地方の日本海側など冬の気温が特に低い地域。寒さに弱い植物は冬の間室内に移動させないといけません。


◎キッチンガーデン
奥様方に人気。お料理に使えるハーブや野菜を育てます。ベランダでもできますよ〜。自分で作ったハーブや野菜を使うとさらに美味しく感じますね!


◎切り戻し
新しい芽を出させたり、姿を整えたり、株を元気にするために茎や枝を切ること。


◎グラス
草。「ただの葉っぱじゃん!」と悲しいことを言われることもある。


◎グランドカバー
またはグラウンドカバー。剥き出しの土をツル性の植物や匍匐性の宿根草で覆って隠すこと。


◎光合成
植物が日光を浴びて水と二酸化炭素から糖類を合成する作用。理科の授業で習う。


◎紅葉・黄葉
秋になると、急激な気温の低下と済んだ空気、日光によって葉が赤または黄に色づくこと。それまで緑だった葉の色が変わって二度楽しめる。


◎コテージガーデン
農家風の小さな庭に果樹、花木、花、野菜、ハーブなどを自然に近い雰囲気で植えるガーデンスタイル。素朴な感じ。


◎コンサバトリー
ガラス張りの温室。英語で言うだけでとってもおしゃれ。


◎コンテナ
植物を植える容器の総称。鉢とか。プランターとか。



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。