スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デコパージュで自分だけのスマホケース作り


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[スマホケース] ブログ村キーワード

a1180_011561.jpgスマートフォンのケースもいろいろとかわいいものが売られていますが……。デコパージュすれば、もっとかわいくて、自分だけのケースが作れますよ!!!

ペーパーナプキン、お子さんやペットの写真、マスキングテープにシール、ラメ、ストーン……。お気に入りのものを貼ってくださいね!

必要な材料や作り方、ベースとなるケースの選び方をご紹介します!






まずはベースに使うケースをゲット!





スマートフォンのケースをベースにして、そこにペーパーナプキンやストーンなどをデコパージュしていきます。セリア、ダイソー、キャンドゥなどの100均で購入できるもので十分です。店舗によって品揃えが違うので、見つからない場合は店員さんに聞いてみてください。また、ネットショップでも購入できます。



◎ケースの選び方

・お持ちのスマートフォンにあったものをお選びください。
・デコパージュした素材が透けやすいので、無地のホワイトかクリアがオススメです。
・柄や色が濃いものを使う場合は、透け防止にホワイトの絵の具を塗ってください。
・凹凸があると剥がれやすくなるので、平らなものを選んでください。
・シリコンのような柔らかい素材は貼りにくいので、ハードタイプがオススメです。



◎デコパージュにぴったりなケースが買えるお店

WILMART

teddyショップ

TK-JIANG



line.png




ケースに貼りたいものを用意





◎オススメの素材

ペーパーナプキン

種類が多く、100均でも手に入ります! 白い部分は透け感が強くなるため、全体的に色や柄が入ったものがオススメです。ケースの大きさを想像しながら、選んでみてください。ペーパーナプキンは3〜4層に分かれていますが、使用するのは印刷された一番上の紙だけ。柄に沿って切って、ワンポイントに使ってもかわいいです。


マスキングテープやシール

こちらも100均で手に入ります! 種類が多いからオススメ。全体に敷き詰めて貼ったり、アクセントにちょっとラインを引くように使ったり……。ペーパーナプキンの下に貼るとかなり透けるのでご注意ください。




マリメッコやリバティなど、お好きな布を貼ってください。専用剤を塗ると色が鮮やかになり、キレイですよ。よければ「簡単!ブログでよく見かけるリバティ石鹸の作り方」もご覧ください。


写真を印刷した紙

お子さんやペット、海外旅行、育てている花など、自分で撮ったお気に入りの写真もデコパージュできます。写真の紙だと分厚すぎるので、コピー用紙に印刷したものを、専用剤でフィルム状にして貼ります。詳しくは「自分で撮った写真でデコパージュする方法!」をご覧ください。市販の便せんやメモ帳、ポスターなども同じ方法で貼れます。


スタンプ

ペーパーナプキンの柄を剥がして残った白い紙におして、不要な部分を切って使います。布におしてもいいですね。また、ステイズオンという特殊なインクを使えば、プラスチックのケースに直接スタンプできますよ〜! こちらも最近は100均でかわいいスタンプが売られているので、チェックしてみて下さい。


ラメ、ストーン

ストーンは携帯やネイルのデコ用に売られているものを使います。100均のものでも十分かわいいです! きらっと光ってアクセントになるのでオススメ。全体をキラキラさせたいときは、ラメを使ってください。KADERIAというお店でデコパージュ専用のラメが購入できます。



line.png




デコパージュ専用糊と防水のこと





デコパージュには専用の糊が必要で、各メーカーから出ています。効果はだいたい一緒で、1つで「接着」「コーティング」「防水」の3役をこなします。ケマージュや、トランスファーコートが有名ですね。一番お安く購入したいなら、セリアからも出ています。詳しくは「セリアのデコパージュ専用剤ってどうなの!?」をご覧ください。使い方はどれも同じです。

Mod Podgeは、アメリカで人気の専用剤です。種類がたくさんあって、仕上がりのツヤが気になる方は、こちらのマットタイプをお使いください。

布を貼る場合は、「ファブリック用」の専用剤がオススメです。Mod Podgeやデコポッジにファブリックタイプがありますよ。ケマージュなど普通の専用剤も使えますが、ファブリック用の方が布の質感が照りが違います。

デコパージュ専用剤は防水効果があります。スマートフォンを水に濡らして使うことはないので、専用剤できちんとコーティングすれば、問題なく使えます。けど、専用剤のべたつきが気になったり、水が心配な方はホビー用の防水ニスを上から塗ってください。



line.png




スマートフォンケースをデコパージュ!



[材料]

・スマートフォンケース
・デコパージュしたい素材
・ケマージュ、デコポッジなどのデコパージュ専用剤
・筆またはスポンジ
・水を入れた容器
・タオル




[作り方]

1. ケースのサイズを測り、ペーパーナプキンや布を数mm大きめに切る
2. ペーパーナプキンは剥がして印刷された紙だけ使う
3. 柄にあわせてカットしたり、マスキングテープをカットしたり……お好みで
4. ケースの上に、素材を並べて位置を決める
5. ケースの上半分に専用剤を原液のまま塗って、素材をあわせながら貼る
6. 指で空気を押し出して、キレイに貼れたら下半分も貼って、よく乾かす
7. 専用剤をさらに塗る(ストーンなど貼りたいものがあればここで貼る)
8. 乾かす、塗る、乾かす、塗る……この作業を3〜5回ほど繰り返してコーティングする
9. 側面も同じようにして仕上げ、余った部分はハサミで切り落とす




◎ポイント!

・必ずよく乾かしてから、次の専用剤を塗る
・ドライヤーの冷風を使えば、早く乾く
・ペーパーナプキンの場合は、側面を包むように折り込んでください
・側面や、カメラの穴など剥がれやすい箇所も忘れずに塗ってください
・防水ニスを塗る場合は、最後に塗ってください
・専用剤がついた筆はそのままにしておくと、固まってしまいます。すぐに洗ってください!



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。