スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジンで作るぷっくりツヤツヤなオリジナルスマホケース


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[スマホケースの作り方] ブログ村キーワード

a0002_010554.jpg前回は、デコパージュでオリジナルのスマホケースを作る方法について書きました。そのときの記事はこちら⇒「デコパージュで自分だけのスマホケース作り」

こちらの方法だと、乾くと透明になる糊で、紙や布など好きなものを貼ることはできましたが、立体感は出せませんでした。

ぷっくりとして、ツヤのある表面に仕上げるには、レジンを使います! お菓子や小さなストーンなどを貼っても、硬化しているから剥がれません。

必要な材料や、作り方、注意点などをご紹介します!






レジンで作るスマホケースの材料と注意点



◎スマホケース

ベースとなるケースを用意します。100均でも購入できますが、電気店やスマホケース専門店で売られているもののほうが、厚みがなくオススメです。ご自分のスマホにあったハードタイプの無地で、クリアかホワイトをご用意ください。クリアだとスマホ自体の色が透けます。




◎UVレジン液

スマホケース作りには、25g入りを半分くらい使います。残ったらチャームなど小さなものを作るのに使えます。レジン液は、こちらのような1液タイプが扱いやすいです。ボトルの先が細くなっていて、直接流し込めるようになっています。刷毛などはいりませんが、爪楊枝があると気泡を抜くのに便利です。




◎UVライト

「UVレジンランプ」などとも呼ばれているライトです。ジェルネイル用のライトも同じように使えます。UVレジン液は、紫外線に当たると硬化が始まりますが、こちらのライトに当てた方が早く固まります。




◎チャームなどの素材

レジンの中に閉じ込めたいものを用意します。布、レース、古書、押し花、ストーン、チャーム、クッキーなどのお菓子……なんでもかまいません! チャームはセットで販売されているものがお得です。紐をとおすための輪っかは不要なので、ペンチなどで取って使用します。手作り工房 MY mamaで購入できますよ!




line.png




ぷっくり、ツヤツヤ! レジンのスマホケースの作り方





1. スマホケースに素材を並べて、配置を決める
2. 一度素材を取って、レジンを全体に塗る
3. 1の配置どおりに素材を並べる
4. ライトに当てて、硬化する
5. 素材を覆うように、ケース全体にレジンを盛る
6. ライトで硬化
7. 最後にもう一度レジンを全体に塗って、ベタつかなくなるまで硬化したら完成!




◎ポイント!

・レジンは一度に塗って固めようとせずに、少しずつ足して、その都度固めて下さい
・途中固めるときは、多少ベタついた状態でも、問題ありません
・気泡が出たら、爪楊枝で潰して下さい
・薄い花びらは透けることがあります
・変色が気になる場合は、デコパージュの専用剤でコーティングしてから、レジンで固めます



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。