スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単にオリジナル!デコパージュキャンドルの作り方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[キャンドル] ブログ村キーワード

a0800_000512.jpgデコパージュなら、無地のキャンドルにちょっと手を加えるだけで、簡単にオリジナルデザインのキャンドルが作れちゃいます!

定番のペーパーナプキンや、自分で撮影した子供やペットの写真で作る方法など、必要な材料、注意点と一緒にご紹介します。






デコパージュキャンドルに必要な材料!

◎ペーパーナプキン

デコパージュの定番! セットになったものなら、一度にたくさんの柄が手に入ってお得です。こちらはキャスキッドソンのキュートな柄のセット。手作り工房 MY mamaさんで購入できます。




◎専用剤(ケマージュ)

専用の糊が必要です。よく見かけるのは、こちらのケマージュ。Art & Craft FANさんなら、他店よりお安く1,480 円で購入できます。他にもトランスファーコートやデコポッジ、Mod Podgeなどがあります。100均のセリアにもありますが、容量は少なめです。詳しくは「セリアのデコパージュ専用剤ってどうなの!?」をご覧ください!




◎刷毛

長さ、刷毛のサイズ、弾力性がデコパージュに最適の平筆です。KADERIAさんで594 円。100均の絵筆でも代用できます。使用後は必ずよく洗って下さい。そのままにすると固まってしまいます。




◎キャンドル

ペーパーナプキンの柄がよく分かるように、ある程度の大きさがある立方体や円柱のキャンドルがオススメです。ペーパーナプキンをデコパージュすると透けるので、キャンドルの色はホワイト、またはアイボリーの薄い色を選んでください。表面が凸凹していない平らなものが貼りやすいです。




あとは、ハサミ水を入れた容器タオルなどがあればOKです。また、ペーパーナプキン以外にも、折り紙マスキングテープシール便せんやメモ帳のイラスト写真も貼れます。



line.png




デコパージュキャンドルの作り方

1. ペーパーナプキンを剥がし、印刷されている紙だけを使う
2. 柄にあわせてカットするか、1周巻く場合は5mmほど余裕を出して切る
3. キャンドルの上に並べて、配置を確認する
4. 専用剤を原液のまま刷毛に取り、キャンドルのペーパーナプキンを貼る位置に塗る
5. 塗った箇所にペーパーナプキンを貼り、中心から外側に向かって刷毛を動かし、ならす
6. 他の柄も同じように貼り、よく乾かす
7. 最後に全体に専用剤を塗ってコーティングする




◎ポイント!

・ペーパーナプキンを重ねて貼る場合、下に濃い柄を貼ると見えにくくなります
・ペーパーナプキンは貼ってから、余分な箇所をハサミで切ると、キレイに貼れます
・キャンドルの上部(芯がある面)には何も貼らないで下さい
・ドライヤーの冷風を当てると早く乾かせます
・専用剤は、よく乾いてから塗り重ねて下さい
・デコパージュキャンドルは、通常どおり使用できます(火の取り扱いには十分お気をつけ下さい!)



◎ペーパーナプキン以外の紙を貼りたい場合は、こちらをご覧ください!
自分で撮った写真でデコパージュする方法!



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。