スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるみボタンをアレンジ!(4)ロゼットの作り方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[ロゼット] ブログ村キーワード

a0027_000206.jpgゲストや新郎新婦の名前が書かれたロゼットは、結婚式で人気の手作りアイテム。中心をくるみボタンで作れば、丸みがあって優しい印象に仕上がります。

ただ、リボンのプリーツ作りは、多くの先輩花嫁さんも苦労されてきたようです。忙しい結婚準備……。少しでも簡単に作業を進めたいですよね!

そこで、折ったり縫ったりしないでプリーツリボンが作れる方法や、布に名前を印刷する方法、キレイに円を切る方法などをご紹介します。






STEP1 : ゲスト&新郎新婦の名前を布に印刷する

まず最初に取りかかるのが、これ。くるみボタンを作ってからだと難しいので、先に布に名前を印刷します。手書きだと時間がかかって疲れるし、文字のバランスも気になります。やっぱりおしゃれなフォントを使って、キレイに仕上げたいですよね! 「でも、どうやってやればいいの???」と悩むかもしれませんが、意外と簡単にできます。



(1)アイロン転写シート

たくさんの先輩花嫁さんが試されている方法です。パソコンとプリンター、アイロンがあれば作れます。使用目安は、A4サイズ1枚でおよそ12人分。デメリットは、転写したシートが反射して、布との境目がわかりやすいこと。

ずれないように円の中心に転写する方法は、「ロゼットの作り方 ゆうコーンver. ①」で紹介されています。


(2)印刷できる布

おうちにあるプリンターで、布に直接印刷できます。てかりもなく、アイロンで転写する手間もないので、オススメの方法です! コットンとリネンがあって、それぞれアイロンで接着するタイプと、縫うタイプがあります。使用目安は、A4サイズ1枚でおよそ12人分。

2013年6月に結婚されたariさんが、実際に使用されています⇒「ロゼットの作り方*4


(3)布にスタンプできるインクパッド

ツキネコから出ている布用スタンプインク「バーサクラフト」を使う方法です。オススメはリアルブラックですが、他にもいろんな色があります。手作り感では一番! 布の下にガイドを敷いてスタンプすれば、ラインをそろえられます。




(1)か(2)の方法で印刷する場合は、フォントにもこだわってみてください! ペーパーアイテムやウェルカムボードなどの手作りアイテムでフォントをそろえると、統一感がでてステキです。



ウエディングにぴったりなおしゃれな無料フォント12
フォントのインストール方法や、フォント選びのコツもご紹介しています。

無料素材!結婚式に使えるイニシャルロゴの作り方
招待状、パンフレット、ウエルカムボード、サンクスカードなどに使えます。

おしゃれな手作りウエルカムボード&無料で使えるテンプレートと文字
Wordがあれば誰でも簡単に作れるからチャレンジしやすいです。



line.png




STEP2 : くるみボタンを作る

名前が書かれた布が用意できたら、くるみボタンを作ります。必要な材料や、詳しい作り方は「手作りくるみボタンは、100均のキットでOK!」でご紹介しています。100均ですべての材料がそろうので、気軽に始められますよ。

布越しに伝わる金属の固い質感が気になる場合は、間にキルト芯を挟んで下さい。手芸屋さんで購入できます。

くるみボタンのサイズにあった打ち具がない場合は、波縫いして作る方法もあります。詳しくは「基本の35mmマカロンケース」をご覧ください。お裁縫が得意なら、打ち具よりこちらのほうが早いかもしれません。



line.png




STEP3 : 折らないプリーツリボン

たくさんの先輩花嫁さんが、ロゼットを手作りされていますが、皆さんプリーツ作りに大変苦労されています。慣れると1つ15分〜30分ぐらいでできるようですが、中には1つ作るのに1時間以上かかったという先輩花嫁さんもいます。他にも作りたいアイテムはあるし、とにかく結婚準備中は時間がない!!!

そこでオススメしたいのが、最初からプリーツ状になっているリボンを使う方法です。これならわざわざテンプレートを作る必要もないし、1つ1つの角度や幅を気にしながらリボンを折ったり、縫ったりする必要もありません。くるみボタンの直径にあわせて円を作ったら、リボンを切って、重なった両端を少し縫うだけ。忙しいプレ花嫁さんにぴったりです!!!

普通のリボンに比べると、「あまり種類がない……」と感じるかもしれませんが、結婚式にぴったりな上品な色がたくさんそろっていますよ! 2色重ねてもかわいいから、いろんなバリエーションで作れそう。







円形のプリーツリボンが作れたら、くるみボタンの裏側に貼って下さい。グルーガンがおすすめです。手芸店などで購入できますが、性能にそれほど差はないので100均のもので十分です。



◎プリーツリボンが買えるお店

手芸店 mercerie de ambience
すっごくかわいい手芸店。見ているだけで幸せ〜。作ることが好きな女性にオススメ!

クラフトモンキー
プリーツリボンの種類が豊富なクラフトショップ。くるみボタンもこちらで一緒に買えます!



line.png




STEP4 : リボンを貼る

プリーツリボンの色にあわせて、垂らすリボンを選びます。リボンの色、幅、長さ、本数や角度によって雰囲気が変わるので、いろいろ試してみて下さい!

先輩花嫁さんの作り方を見ていると、リボンの端をV字にカットして、ライターで炙る方が多いです。これはリボンがほつれるのを防ぐための作業なので、ちょっと手間でもしておいた方がよさそう。焦がさないように気をつけながら、火の青い部分で、さっと炙って下さい。



ちなみにこちらは「ほつれ止め ピケ」というほつれ止めを防いでくれる魔法のような液体! ライターの焦げ目が気になる方や、手芸が好きでたくさん使う予定のある方にオススメです。ストッキングの伝線をとめたり、ボタン糸の補強にも使えます。また、ねじに塗布しておくと、接着せずに緩むのを防いでくれます。手芸店で購入できます!




line.png




STEP5 : 厚紙をキレイな円に切る

ここまでで、ほとんどロゼットの形にできました〜! あとは裏側を仕上げるだけです。裏面は、そのままだと見た目がよくないので、厚紙を円形に切って貼っている先輩花嫁さんが多いです。段ボールほど厚くないから簡単に切れて、補強にもぴったり。



(1)印刷できる厚紙

せっかくの手作りアイテムなので、ここでもう一工夫! プリンターで使える厚紙を使えば、ロゼットの裏面に二人のオリジナルのロゴや、「Welcome to our wedding reception」「Welcome & Thank you!」などの文字、結婚式の日付などが入れられます。クリップで隠れてしまわないように、全面に並べるように印刷するとキレイです。オススメの英語の文章はこちら⇒「ウェルカムボード&結婚式のお祝いで使える英語メッセージ文例


(2)無地の厚紙

多くの花嫁さんが使用されているのが、こちらのような普通の厚紙です。おうちにあればいいのですが、ゲストの数もあわせるとたくさん必要です。ペーパー ミツヤマさんなら、約0.34mm厚の白ボール紙が1枚11円から購入できます! 専門店だけあって、紙の種類が豊富で見ていて飽きません。




これをくるみボタンの大きさにあわせて丸く切ればいいのですが、意外と難しくて、ハサミで切ると少し歪んでしまうんですよね……。せっかくだから、ここもキレイに仕上げたい!!! そんな時にオススメなのが、サークルカッターと呼ばれる丸く切るための専用カッターです。詳しくは「紙、布、革をキレイな円に切る方法 -小さい円・大きい円-」で紹介しています。

厚紙を円形に切ったら、グルーガンを使って、くるみボタンの裏に貼ります。もし、厚紙が見えることに抵抗がある場合は、一回り大きな円に切った布を厚紙にかぶせ、余った部分を内側に折り込んで貼ってください。このとき、ハサミで等間隔に切り込みを入れて引っ張りながら折るとキレイに貼れます。

フェルトのように厚みがあるものの場合は、一回り大きな円に切って、厚紙の上からそのまま貼ればOKです。



line.png




STEP6 : クリップ付きのピンを貼る

ロゼットの裏にピンをつけるのですが、結婚式で実際に使ってもらう場合は、ドレスやスーツに穴をあけたくないゲストがほとんどだと思います。また、小さなお子さんだと針の先は危ないですよね。そこで、多くの先輩花嫁さんが使用されているのが、クリップ付きのピンです!!!



クリップとピンが一体になっています。こちらは、くるみボタンのキットやプリーツリボンも購入できるクラフトモンキーさんで売られているので、まとめて買っておきたいですね!




これでロゼットは完成です〜! もう少しこりたい場合は、カボションやチャームをつけてもかわいいと思います。ロゼットのイメージをもっと膨らませたり、普通のリボンをキレイにプリーツ状に折る方法を知りたい方は、以前にアップした「結婚式の席札に!おしゃれな手作りロゼット〜材料と作り方〜」をご覧ください。

また、ロゼットは結婚式以外にもラッピングやメッセージカードに使ってもかわいいです。こちらは「簡単! 紙&マスキングテープを使ったロゼットの作り方」をご覧ください。



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。