スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスキングテープで簡単に壁をおしゃれにする方法!


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[マスキングテープ] ブログ村キーワード

a1180_009294.jpg壁は、部屋の中でも面積が大きいため、インテリアを左右する重要な部分ですが、ペンキで塗ったり壁紙を貼り替えるのは、技術力、作業時間、費用、失敗したときの不安などを考えると、気軽にはできない場所ですよね。

けれど、接着力の弱いマスキングテープなら、壁を傷つけることがないので、失敗したり飽きてしまっても、簡単にやり直しできます。もちろん、賃貸でもOKです!

おすすめのマスキングテープや、壁一面に上手に貼る方法、壁に穴をあけずにマスキングテープで写真やポスターを貼る方法などをご紹介します!!!






壁に貼るマステ「mt CASA」「自在トリム SINCOL × mt」

普通のマスキングテープだと、幅が狭くて、広い面積に貼るのは大変! 壁や家具に貼るなら「mt CASA」シリーズと、「自在トリム SINCOL × mt」から出ている幅広タイプのマスキングテープがオススメです。



◎ここがオススメ!

・和紙ならではの優しい風合いはそのまま
・失敗しても、飽きても、簡単に貼り直しができる
・貼ったものを傷つけないから賃貸でも安心
・ペンキのように飛び跳ねたり、壁紙のように大きすぎたりしないから、作業が楽
・壁以外にもドアや棚、タイル、窓、家電などにも貼れる
・窓や照明に貼ると、太陽光や照明が透けて見えてとてもキレイ



今まで賃貸だからと諦めていたり、技術力の心配や手間から避けがちだった壁のプチリフォームも、「mt CASA」と「自在トリム SINCOL × mt」のマスキングテープなら、いつでも簡単にできます!





mt CASA



使いやすい無地と、おしゃれなストライプやドット、花柄など、「mt CASA」は全部で44種類。幅は50mm、100mm、200mmの中から選べるため、自分にあった壁用マスキングテープが手に入りそう。

また、mtの原紙を直径50mmに丸くカットした「mt CASA seal」は、並べて貼るだけで簡単にドット模様が作れます。ガーランドにしたり、ラベル代わりに瓶に貼ってもかわいいです。こちらは無地と、ストライプ、ドット、ボーダーの10種類です。

窓ガラスに貼るなら、日差しを和らげ、目隠しにもなる「mt CASA Shade」がぴったり。こちらは紫外線を99%カットし、耐候性にも優れている機能性の高いシリーズです。サイズは150mm幅と100mm幅があり、デザインはレース、木の葉、花柄など全部で6種類あります。



公式ホームページ⇒http://www.masking-tape.jp/mtcasa/index.html



◎「mt CASA」が買えるお店

HREM
「mt CASA」シリーズが全種類そろっています! 他にもおしゃれなアイテムがたくさん!

ラッピング倶楽部
ラッピングやスクッラップブッキング、マスキングテープなどのお店。私も良くチェックしています!





自在トリム SINCOL × mt



「mt CASA」とはまた違った壁&インテリア用のマスキングテープです。サイズは15cm、30cm幅の2種類で、無地が15色、ドット、ストライプなどの定番柄の他、レインボーやインクがかすれたようなデザインなどアートなパターンなどが26種類あります。「mt CASA」シリーズとコラボさせて使っても楽しそうですね!

公式ホームページのギャラリーはおしゃれな写真が多くて、使い方の参考になります。シュミレーションでは重ねたときの雰囲気や、使用するテープの長さなどもわかって便利です。



公式ホームページ⇒http://www.sincol-mt.com/index.html



◎「自在トリム SINCOL × mt」が買えるお店

インテリアショップ ファイン
送料無料だから気軽に注文できます! 種類も豊富です。

インテリアショップ 【ハリー】
おしゃれなインポート壁紙や、ステンドグラス柄のフィルムなど一緒に買いたいアイテムがいっぱい!



line.png




「mt CASA」「自在トリム SINCOL × mt」の貼り方

1. 貼りたい壁のホコリや油分などの汚れをキレイに拭き取って、よく乾かす
2. ロールから何cmか引き出し、まっすぐになるように仮止めする
3. シワにならないように優しく引っ張りながらロールを回転させて、テープを引き出していく
4. ある程度の長さになったら、テープの中央から端へと優しく撫で付けて、空気を抜く
5. 3と4を繰り返しながら、少しずつ貼っていく
6. 切るときは、余分な長さを残してハサミでカットしてから、定規を当ててカッターで切る




◎ポイント!

・作業に入る前に、デザインを紙に書きこしておく
・鉛筆で壁に印をつけると、マスキングテープから透けて見えるので注意!
・ロールを初めて使う場合、引っ張られて伸びていることがあるので、そのときは切ってから使う
・シワが寄ったときは、ゆっくりと剥がして貼り直す
・引っ張りすぎると、伸びてシワになりやすいので注意する
・撫で付けるときは、タオルを使うか、軍手をはめた手で撫でるとキレイに貼れます
・最後にカッターで切るときは、15度くらいに寝かせて、下敷きを入れて切って下さい
・壁紙まで切ると、マスキングテープを剥がすときに一緒にめくれてしまいます
・時々、離れたところから見て、全体のバランスを確認して下さい



line.png




マスキングテープで壁をおしゃれにアレンジ!



◎壁一面に貼る

一番オーソドックスな貼り方です。壁紙を貼ったような仕上がりで、がらっと雰囲気が変わります。壁の場所によってマスキングテープの色(柄)を変えても面白いです。マスキングテープが重なると色が目立ちやすいので気をつけて下さい。







◎ボーダーやストライプなどの模様を作る

マスキングテープの形を活かして模様を作る貼り方です。定番のストライプやボーダーのほか、ジグザグに貼って人気のシェブロン柄を作ったり、グラフチェックでモードにしたりできます。色の組み合わせを考えるのも楽しいですね。「透ける」特徴を活かして、無地の上に柄ものを貼ってもかわいいです!







◎一部にだけ貼る

壁の全面に貼るのは大変! 元の壁を活かして、一部にだけ貼っても面白いアートになります。圧迫感もなくてすっきりしているから、トイレや洗面所、玄関など狭いスペースにもおすすめです。







◎好きな形にカットする

マスキングテープをそのまま貼るだけでは、デザインに限界があります。こちらは「もっと自由な形にレイアウトしたい!」というこだわり派にオススメの方法です。定番のハートや星、「mt CASA seal」より大きなドット、スタイリッシュな真四角、大人っぽくって少しミステリアスな十字など、自分の好きな形に切るだけ。そのままだと切りづらい場合は、紙やクッキングシートに貼ってから切り、剥がして使うと楽です。







◎フレームを作って、写真を飾る

インテリアではお馴染みのフレーム(額縁)を、マスキングテープで作るだけで、空間が引き締まります。マスキングテープのフレームの中には、お気に入りの写真やポスターを飾って。A4サイズに印刷したものでも、周りのフレームを大きくすることで存在感が出ます。







◎絵や文字を作る

家や窓、ツリー、星、雪の結晶や宝石など、直線で画きやすい絵をマスキングテープで作る方法です。アルファベットも作りやすいです。お子さんの名前や年齢、「HAPPY BIRTHDAY」、「Merry Christmas」など、イベントにあわせて自由に文章が作れるところが嬉しい!





マスキングテープの使い方をもっと知りたい方はこちら!

masking tape
pinterestで紹介しています!!!









line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。