スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれ!おすすめの10のリードディフューザーと使い方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[アロマディフューザー] ブログ村キーワード

a1180_001240.jpgアロマディフューザーのなかには、火や電気で暖めるもの、水蒸気に香りを混ぜるものなどがありますが、今回ご紹介するのは、「リード」と呼ばれるスティックを挿して香りを広げるタイプです!

火を使うものは、使用中、目が離せません。電気を使うものは、電気代がかかります。そしてこのどちらも、火や電気を使わないとディフューザーの役割を果たしません。

リードディフューザーは、リードを挿すだけでOKなので、そのままお出掛けしても、寝てしまっても大丈夫。費用はオイルが入った本体と、リードのみで、24時間香りが続きます。

オススメのリードディフューザーと、使い方をご紹介します!






リードディフューザーのいいところ

冒頭にも書きましたが、リードディフューザーにはいいところがいっぱいあります!



◎火や電気を使わないから、小さなお子さんやペットがいても安心
◎24時間香りが楽しめる
◎リードをひっくり返したり、新しいものと交換したりして、香りを長く楽しめる
◎おしゃれなボトルは、レフィル(交換用のオイル)を使えば、繰り返し使える




リードを挿すだけでOKなので、仕事で忙しい人にもぴったり。おうちに帰ってきて、玄関のドアを開けたらいい香りがするって、とっても嬉しいことですよね!

また、そのまま放っておけばいいので、いちいち道具を出してきて、火や電気をつけるのが面倒な人にもオススメです。寝室にも使えるから、いい香りに包まれながら、ぐっすり眠れそうです。

スプレータイプのルームフレグランスだと、すぐにいい香りが漂いますが、長時間は保ちません。ファブリック用のスプレーも同じです。すぐに香りが消えてしまい物足りなさを感じていた人にも、ぜひ試していただきたいです。

難しく考えずに、気軽に使って、香りを長く楽しめる……。それが、リードディフューザーの最大のメリットかもしれませんね〜!





line.png






リードディフューザーの使い方

スティックを挿すだけなので、本当に簡単なんです!



[使い方]

1. (内蓋がある場合)内蓋を外す
2. リードと呼ばれるスティックを、お好みの数だけ挿す
3. そのまま置いて香りを楽しむ




リードディフューザーは、リードの本数で香りの強弱を調整します。最初からリードが付属しているものを購入すれば、すぐに香りが楽しめて便利です。

また、リードは単品でも購入できます。オイルと同じメーカーである必要は無いので、好みの長さ・色のものを選んでください。

割り箸や、竹ひごでの代用は、できません! ディフューザー専用のリードと違って、オイルを吸い上げる力、香りを広げる力が足りないからです。それに、見た目も悪いです。いかにも「割り箸!」「竹ひご!」という感じで……。香りもしないですし……。

ドライフラワーは見た目にはいいですが、やっぱり香りを楽しむことを考えれば、専用のリードを使った方がいいと思います。お花を活けているように見せたい場合は、ソラフラワーを使ったリードを選ぶといいかもしれません。また、オイルの中にドライフラワーや木の実が入っているものもあります。





◎香りが弱くなってきたら……

・香りが弱まってきたと感じたら、スティックを逆さにして、再び挿す
・これを何度か繰り返す
・リードにオイルが詰まって香りがしなくなったら、新しいものと交換する




いきなり付属のリードを全部挿してもいいのですが、数ヶ月使用を続けてオイルが詰まってきたとき、新しいリードと交換する必要があります。別売りで購入するのが面倒な場合は、付属のリードを何本か残しておいて、香りが弱くなったタイミングで交換すればいいですね!





◎オイルがなくなったら……

・オイルが少なくなると、すべて吸い上げるのが難しくなります。
・オイルが少なくなったら、古紙に吸わせたあと、ボトルを水で洗ってよく乾かします。
・お気に入りのボトルは、レフィル(交換用のオイル)を注いで、繰り返し使えます!




安いものではないので、オイルは最後の一滴まで無駄なく使いたいところですが……。リードですべてのオイルを吸い上げるのは、ちょっと難しいようです。自然に蒸発するの待つのも時間がかかるので、オイルが少なくなったら、古紙などに吸わせて捨ててしまいましょう。

瓶や陶器でできているおしゃれなボトルは、捨てずに繰り返し使えます。キレイに洗って、よく乾かして保管してください。レフィル(交換用のオイル)が別売りされているので、お気に入りの香りを、お気に入りのボトルで楽しめます。自分だけの組み合わせが選べるのは、嬉しいですね!

使い捨てのプラスチックボトルの場合は、地域のルールを守って捨てて下さい〜。





line.png






リードディフューザーの選び方

◎金額から選ぶ場合

最低金額……3000円未満(容量は少なめで、100ml程度。2ヶ月ほど保ちます。香りは△)
中間…………3000円〜5000円(容量は200ml程度。4ヶ月ほど保ちます。香りは○)
最高金額……10000円以上(容量が多く、300ml以上。5ヶ月以上保ちます。香りは◎)




リードディフューザーにも、低コストなものと、ハイブランドの高級なものがあります。上記の金額は、だいたいの目安とお考えください。

お安いものは、量が少なく、2〜3ヶ月香りが楽しめます。ただし、香りが人工的で、芳香剤のようにキツイものもあるので、注意して下さい。

お高いものは、本当に高くて、1万円以上するものもあります……。けれど、香りにこだわりがあって、とても豊かないい香りがします。また、量も多い場合は、それだけ長く保ちます。安いものを何度も買うより、結果的にはこちらのほうがいいときもあります。

3000円〜5000円が平均ゾーンだと考えて、予算にあわせて選ぶとよさそうです!





◎飾る場所から選ぶ場合

玄関、トイレ、洗面所など狭いスペース……………100ml(持続は約2ヶ月)
寝室など6~8畳程度の部屋…………………………200ml(持続は約4ヶ月)
リビングとダイニングが続いたような広い部屋……500ml以上(持続は6ヶ月以上)




せっかくリードディフューザーを置いたのに、全然香りがしない……という方は、リードディフューザーのサイズが、お部屋にあっていないのかもしれません。スティックを増やしても香りの強さには限界があるので、上記を参考に、リードディフューザーの容量を選んでみて下さい。

リビングとダイニングが続いている場合、だいたい10畳代で、広いおうちだと20畳以上あると思いますが、こういった場所に飾るなら500mlは欲しいですね。それでも物足りないなら、2つほど飾ってみて下さい。2リットルもする超ビッグサイズもありますが、そちらはかなりお値段がしますので、豪邸に住んでいるセレブさん向けです……。

6~8畳程度の平均的な広さのお部屋なら、200mlサイズがオススメです。8畳以上になると、200mlでも香りが弱く感じると思います。

一番小さな100mlサイズは、玄関やおトイレ、洗面所などの狭いスペースに向いています。6畳ほどある場合は、このサイズだと弱く感じるかもしれません。

飾りたい場所が決まっている場合は、お値段ではなく、容量に注目してみて下さい〜!





line.png






おすすめのリードディフューザー!



※スティック別売※アルファベットリードディフューザー

人気のイニシャルモチーフをリードディフューザーにも取り入れて!
容量120mlで、お値段もお手頃なので、初めての方でもチャレンジしやすいです。







b2c/リードディフューザーブリック 30ml(オイルとセット)

無機質なコンクリート素材で、中のボトルを上下で挟んで飾るおしゃれなリードディフューザーです。
ホワイト、ウォームグレー、チャコールグレーの3色展開で、ツートンカラーにも変えられます!
インテリア性が高いのに、お値段がとってもリーズナブルなのが嬉しいです。







ドットール・ヴラニエス Dr.Vranjes リードディフューザー 【100ml】

雑誌でもよく紹介されているハイブランドのリードディフューザーも、100mlなら気軽にお試しできそう〜!
自然界から抽出したエッセンスを、ハンドメイドで1つ1つ、クラシカルなボトルに詰めています。
オレンジ&シナモン、イチジク、サンダルウッド、ラベンダー&タイムなど、香りは16種類から選べます。







Millefiori ZONA ルームフレグランス センテッドスティック

平均的な価格が魅力の有名ブランドです。
シンプルなデザインがおしゃれ! モノトーンのインテリアにもあいそうです。
香りは、ムスクフラワー、スパイシーウッド、ローズなど7種類。







WAX LYRICAL(ワックスリリカル)Hidden World(ヒドゥンワールド)
リードディフューザー【UDAI PALACE/ウダイパレス】


こちらは、世界中で愛されている英国最大手のホームフレグランスカンパニーのものです!
リラックス感たっぷりなラベンダーの香りに、爽やかなベルガモットとユーカリをプラスした
インドの歴史的宮殿のような雰囲気の贅沢な香りです。他にも3種類あります。







エステバン セダー デコラティブ ラタンブーケ

杉のウッディで温かい香りに、クローブやナツメグをアクセントにしていて、癒されます。
ラタンスティックが15本もついていて、ちょっぴりお得。買い足さずに使えそうです!
スタイリッシュに見せたい方は、同ブランドの四角いボトルがオススメです。







DEICA(デイカ)フラワー アロマ フレグランス
ディフューザー 180ml
L'argent ラジェント


芸能人にも人気の日本ブランド、DEICAといえば、このお花のディフューザー!
インテリア性が高く、普通のスティックじゃ味気ないと感じていた人にもお勧めです。
プレゼントにも喜ばれそうですね〜。気の巡りを良くする「生薬」を配合しています。







Lothantique アロマ フレグランスブーケ 200ml
ルームフレグランス ローズ・ドゥ・ボヌール 全3種


植物性原料にこだわり、安全で高品質なフランスの有名フレグランスブランドです。
上品で、高級感のあるラベルに、それぞれの香りをイメージしたチャーム付き。
マタン(朝)、ジョルネ(昼)、ソワレ(夜)の3つの香りから選べます。







YANKEE CANDLE ヤンキーキャンドル 【リードディフューザー】

日本でも人気のアメリカ生まれのキャンドル&フレグランスブランドです!
ガラスの瓶に、カラフルな花や蝶がデザインされていて、とってもおしゃれです。
88.7mlと容量は少なめですが、お値段もリーズナブルで、試しやすいです。







LINARI (リナーリ) MONDO (モンド) 500ml リードディフューザー

たまにはハイブランドの香りに包まれて、ラグジュアリーな気分に浸りたい! という方に。
細身のボトルが、とてもスタイリッシュです。容量は500mlのみで、19種類の香りから選べます。





line.png






リードディフューザーが気になるあなたにオススメの記事!

varoの火を灯さないキャンドル「ワックスバー」の作り方
蜜蝋にお花のドライと香りのエッセンスを閉じ込めたルームアロマワックス!

サシェとは?気になる中身と簡単な作り方&正しい使い方
衣類やランジェリーを入れた引き出しに入れたり、クローゼットに吊るしたり……。

簡単!長く香りが楽しめるドライポプリ&モイストポプリの作り方
材料となるドライフラワーやドライオレンジの作り方、アロマオイルの効果も。

プレゼントにもオススメ!バスソルトで芯までポカポカ
発汗作用や新陳代謝の活発化、むくみの解消、美肌効果などがUP!





line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。