スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切らずに作れる!中と外で柄の違う紙袋の作り方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[作り方] ブログ村キーワード

IMG_8120.jpgモノトーンペーパーのご利用方法のアイデアをご紹介します!

前回は、「紙袋の本体とマチ、フタで柄が異なる紙袋の作り方」をご紹介しましたが、今回は「中と外の柄が異なる紙袋の作り方」です。

大きさは、前回よりもやや小さいですが、紙を2枚使うのでしっかりしています。中身を取り出そうとして、外側とは違う柄が見えたら……ちょっと、きゅんとしませんか???






IMG_8109.jpg



[材料]

◎モノトーンラッピングペーパー(2枚)
◎両面テープとハサミ
◎カッター、カッターマット、ものさし(お好みで)
◎ラッピング用の毛糸やシールなど(お好みで)






同じ柄のモノトーンラッピングペーパーは、こちらからダウンロードできます!

白地にドットがびっしり⇒mwp02_05dot.jpg
黒地に普通サイズのドットがゆったり⇒mwp02_08polcadot_B.jpg





2枚の紙を貼り合わせるだけで、基本的に作り方は前回と一緒です!
おさらいも兼ねて、一応作り方を載せておきますね〜。





IMG_8110.jpg



まず、2枚の紙を貼りあわせます。
四隅に両面テープを貼って下さい。
一度に貼ろうとせず、剥離紙を少しずつ剥がしながら貼ると、キレイに貼れます。





IMG_8111.jpg



こんな感じで1枚の紙になりました〜。
多少ずれていても、最後に切り落とせばいいので、気にしなくて大丈夫です。

両面に印刷できる紙なら、最初から印刷してしまってもいいですね。
(ただ、黒地のものはインクの使用量が多いので、薄い紙は両面印刷しないほうがいいです。)





IMG_8112.jpg



紙の一辺に両面テープを貼って、その辺がだいたい真ん中あたりにくるように二つ折りにします。
折り目をつけたら、剥離紙を剥がして貼り、筒状にします。





IMG_8116.jpg



底の部分を、作りたいマチの幅にあわせて折ります。
そして、左右に三角形ができるように開きます。
紙が厚いですが、しっかりと折り目をつけてください。





IMG_8117.jpg



上下が重なるように折り目をつけたら、両面テープで貼ります。





IMG_8118.jpg



左右も、作りたいマチの幅にあわせて、しかりと折り目をつけます。





IMG_8119.jpg



紙袋を開き、左右の折り目が「山折り⇒谷折り⇒山折り」になるように整えれば、完成です!





前回は、本体の部分に左右のマチと、フタを足して作りましたが、
今回はA4サイズの紙だけで作りました。
折り方はほとんど一緒なので、基本さえわかっていれば、色々とアレンジできると思います!



前回の作り方はこちら!
A4なのにたくさん入る!マチ&フタ付きの切り替え紙袋の作り方



もっと他のパターンの紙をダウンロードしたい方はこちら!
無料ダウンロード!モノトーンのラッピングペーパー10(その1)
斜めストライプ、アルファベット、チェックなど

無料ダウンロード!モノトーンのラッピングペーパー10(その2)
いろんなドット、数字





IMG_8120.jpg



私は、最後にダイモで作ったテープを貼りました〜!
ブラックのテープに、文字の部分が白く浮き上がっていて、アナログな感じがかわいいです。









ダイモ本体の色は、たくさん種類がありますが、私が使用しているのはグレーです。
IGを見ていると、モノトーン好きさんは結構こちらの色のダイモがお好きみたいで、
よくpostされているのを見かけます。
落ち着いた雰囲気なので、大人が持っていても、全然変じゃないですよ〜。



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。