スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品切れ続出!らくやきマーカーで100均のお皿がおしゃれに変身


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[絵付け] ブログ村キーワード

a0008_000575.jpgお皿やコップにお絵描きできる「らくやきマーカー」というペンが、いま、Instagramで人気です!

陶器、ガラスなど、耐熱性の食器にイラストや文字を書いて、あとはオーブンで焼くだけ。とっても簡単にオリジナルのおしゃれな食器が作れます。

らくやきマーカーの使い方、キレイに仕上げるコツ、インテリアを邪魔しないおしゃれタイプのらくやきマーカーなどをご紹介します!






らくやきマーカーって???





らくやきマーカーとは、耐熱性のお皿やコップに簡単に絵付けできるペンのことです。細字・太字のツインタイプで書きやすく、大人も子供も楽しめます。100均で購入できるシンプルなお皿を、最近流行りのグラフチェックや、手書きのアルファベットでおしゃれにデザインできると、Instagramを中心に大変人気となっています!



pinterestにまとめました
みんなのらくやきマーカーをcheck!



お色は、定番のビビットカラー、淡い色合いのパステル、さらにブラックの陶器やガラス製品に使いたいホワイト、ナチュラルで大人っぽいアースカラーなど、全部で27色。自分の書きたいデザインにあわせて、好きな色が使えるのが嬉しいですね〜。(ちなみに……Instagramを見ていると、最近はモノトーンが流行っているので、ブラックのペンのみを使用されている方が多いです。)

書き間違えても大丈夫! 焼き付ける前なら、ティッシュで拭くだけでインクを落とせるから、何度でもやり直しできます。

もちろん、焼付けしたインクは「食品衛生法」に適合しているため、普通の食器として使えます。小さなお子さんがいても安心です!

そして、らくやきマーカーは、オーブンに対応している以下の素材に使えます。



◎陶器
◎磁器
◎耐熱ガラス
◎金属類




とっても自由度の高いらくやきマーカー。使い方も簡単なんですよ〜!





line.png






らくやきマーカーの基本的な使い方





[使い方]

1. お絵描きしたい食器・コップを洗って、油分や汚れを落としたら、水気をとる。
2. 好きな色でお絵描きして、インクを十分に乾かす。
3. オーブンレンジでを230 ℃で予熱し、その後20分焼き付ける。
4. 焼き付けが終わったら、庫内に1時間以上放置して、よく冷ます。
5. 完全に冷えたら、庫内から取り出し、インクを定着させるためにさらに1時間以上放置する。
6. 食器として使う場合は、軽く水洗いする。




◎ポイント!

・お皿が汚れていると、インクがキレイに乗りません。
・お絵描き中は、手の油分がつかないように気をつけてください。
・表面がつるっとしている素材がむいています。
・塗りつぶしたところを、綿棒や爪楊枝でこすると、簡単に白抜きできます。
・インクが乾いた後に部分的に修正したい場合は、水で濡らした綿棒で強くこすると落ちやすいです。
・2段式のオーブンは、上段を使用する。(下段は焼きむらがでます。)
・予熱は200℃または230 ℃に設定し、200℃の場合は25分、230 ℃の場合は20分加熱する。
・インクは加熱前によく乾かし、焼き付け後は十分に冷ます。



保管時の注意点

高温になる場所を避け、横置きにして保管します。縦置きにするとインクが片寄り、書けなくなるのでご注意!





基本的には、これらを守ればOKなのですが、もっとキレイに仕上げたいという方は、次の項目をご覧ください!





line.png






もっと上手に作るコツ!

上手に絵を描きたい!

絵を描くのがニガテな方にオススメなのが、らくやきマーカー専用 無地転写紙 10枚入り RMT-700です!!!







こちらは、ご家庭のプリンターで印刷もできるという専用の転写紙。例えば大好きなキャラクターのイラストをこの転写紙に印刷して、上からなぞれば、フリーハンドで書くよりもキレイに写せます。A4サイズ10枚入りで、税込み680 円。メール便OKです! KICHI-KICHEさん、遊びDSさんなどで購入できます。

なお、転写紙の下絵が残ったまま焼き付けると、取れなくなってしまいます。はみ出した線、不要な線は、加熱前に拭き取って下さいね!





色が混じってしまう!

たくさんの色を使うと、お絵描き中にインクが混じってしまう……。そんなときは、「線」と「塗り」の部分を分けて焼き付ける方法をオススメします!

上の「基本の作り方」を参考に、まずは線だけを書いて焼き付けます。十分に冷ましてインクを定着させたら、色を塗っていきます。それからまた焼き付ければ完成です。

らくやきマーカーは、焼き付けても、色が変わることはありません。それに、温度と加熱時間を守っていれば、何度焼き付けても大丈夫なんですよ!





焼き付け後の色むらが気になる!

一度だけの焼き付けでは、色が薄く感じたり、むらになって見えることもあります。そんなときは、二度焼き! 「基本の作り方」を参考に、一回焼き付けて、その上から重ね塗りをして、もう一度焼いてみて下さい。色が濃く、はっきりと見えますよ〜。

二度焼きするときも、オーブンレンジの温度と加熱時間は、厳守して下さいね!





line.png






らくやきマーカーの種類と、取り扱い店舗





ビビットカラー8色セット
黒、赤、橙、黄、緑、青、紫、茶が入った細字・太字のツインタイプ。税込 1,188 円。

こちらで買えます⇒キッズマーケットKICHI-KICHE









パステルカラー8色セット
ライトブルー、セピア、パステルバイオレット、ライトグリーン、パステルグレー、レモンイエロー、ペールオレンジ、パステルピンク。
ビビットと同じ細字・太字のツインタイプ。税込 1,188 円。

こちらで買えます⇒キッズマーケットKICHI-KICHE









16色セット
ビビットカラーとパステルカラーが全色入ったセット。
すべて細字・太字のツインタイプ。税込 2,376 円。

こちらで買えます⇒キッズマーケットKICHI-KICHE









ビビットとパステル(単品)
追加での購入や、そんなに色が必要ない人にオススメ。
すべて細字・太字のツインタイプ。税込 157 円。

こちらで買えます⇒遊びDSKICHI-KICHE









ホワイト(単品)
セットには含まれていないホワイトは、ブラックの陶器やガラスの焼き付けにぴったりです!
税込 367 円。

こちらで買えます⇒遊びDSKICHI-KICHE









セラミックマーカー 10色セット
レッド、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、ブラウン、バイオレット、グレー、ブラック
シンプルでおしゃれな本体。他のらくやきシリーズにはない、アースカラーの10色セットです。
筆タイプのペン先のみのシングルマーカー。税込 1,404 円。

こちらで買えます⇒遊びDSKICHI-KICHE





お近くの店舗でお探しですか?
らくやきマーカー取扱い店舗一覧





line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。