スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストコで人気の万能クリーナー「オキシクリーン」の使い方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[オキシクリーン] ブログ村キーワード

a0003_001560_m.jpg




最近、IGをしていると「オキシクリーンがすごい!」という話をよく聞きます。IGなので、当然画像も一緒にpostされているのですが、もこもこの泡がなんだか効きそう〜。そして、その期待どおり汚れがキレイに落ちて、真っ白になっているんです!

しかも、いろんなものに使えて、とっても優秀! 布巾の漂白や衣類の洗濯といったごくごく普通のお手入れはもちろん、見えない洗濯槽の裏や、ブラシで何十分もゴシゴシしないと落ちないような上履きやスニーカーの頑固な汚れ、こびりついて取れそうにもないお鍋やフライパンの汚れ、これからの季節特に気になるお風呂グッズ、カーテンやラグのような大きな物も、タイルの目地のような細かい部分も、ぜ〜んぶオキシクリーンでキレイになります!

こんなに万能なのに、「買ってみたけど、うまく使いこなせない」「他の漂白剤で間に合いそうだ……」なんて思っている人も多いようです。

そこでオキシクリーンのいいところや、失敗しない使い方などをまとめました〜!











オキシクリーンって???

アメリカを始め、世界中で展開している酸素系漂白剤です。見た目は普通の白い粉ですが、溶かすと酸素の泡を大量に発砲します。この泡が、汗染みや黄ばみ、汚れやニオイを引き離して、水に溶かし込みます。

衣類や靴の洗濯、キッチンやお風呂小物の漂白、玄関のタイルや洗濯槽の掃除など、いろいろな使い道があるので、おうちの中のお掃除がこれ1つでできちゃいます! 経済的ですし、収納もすっきり片付きそうですね。

また、塩素や蛍光剤を使わず、自然界に存在する生分解性の高い成分で構成されているので、環境にも優しいんです!





オキシクリーンのいいところ

・いろいろな掃除や洗濯に使えて万能!
・ニオイが気にならないから、場所を選ばずに使える!
・今まで時間がかかっていた掃除・洗濯も、浸すだけで簡単に汚れが落ちる!
・今までいくつも使っていた洗剤も、これ1つで済むから経済的!
・環境に優しい!




オキシクリーンはコストコの超人気商品! 口コミでどんどんその良さが広まって、今ではすっかり定番に。安くてたっぷり入っているから、どんどん使えるのも嬉しいですね。





コストコでしか買えないの?

コストコだと他より安く手に入るので、コストコで購入される方が多いですが、爽快ドラッグケンコーコムといったネットショップでも購入できます。まとめ買いしても玄関まで届けてくれるので、便利です! 近くにコストコがない方、お子さんが小さくてお出掛けできない方にオススメです。





オキシクリーンの使い方

人気商品だからと試したものの思っていたほど汚れが落ちなかった……という感想もよく聞きます。それからオキシクリーンを使わなくなってしまうことも、あるようです。

いくら優秀なオキシクリーンでも、使い方を間違えると効力を発揮しません! 使う上で大切なことは、たったの2つです。



・40度~60度のお湯でしっかり溶かす
・漬け置きは20分以上(ただし6時間後で効力を失う)




失敗談で多かったのは、「お湯で溶かさずに水を使っていた」というものでした。粉を完全に溶かしきるために、お湯を使って下さい。適温は40度~60度です。温くても、熱すぎてもダメ!

また、漬け置きの場合は、20分以上放置して下さい。時間が短いと、汚れが落ちません。ただ、長ければいいというものでもなくて、6時間ほどで効力はなくなるそうです。作り置きもできないので、ご注意を!

この2つを守って再チャレンジしたら、きちんと汚れが落ちた、という感想も多かったです。以前失敗してしまった人も、ぜひトライしてみて下さい。





オキシクリーンでやってはいけないこと

簡単に使えるオキシクリーンですが、これだけは注意してください!



・シルク・皮など水洗いできない素材には使えません
・ウール製品、ウール混紡製品、ウール製・ペルシャ製カーペット、麻・麻混紡製品も使用不可
・金属や畳、油の混ざった汚れには対応していません
・漂白剤、洗剤、水で色落ちした物や、天然の着色料を使用している製品は色落ちする可能性あり
・液体を密封した容器に入れると、膨張して爆発する恐れがあるので、絶対に使用しない!




水洗いできるほとんどの素材に使用できるオキシクリーンですが、上記のように対応していない素材もあります。また、塩素系に比べると色落ちはしにくいですが、元々が色が抜けやすい物もあるので、目立たない場所で試してから使うことをオススメします!

あと、密閉した容器に入れると爆発するから、容器を移し替えられないのでは? と勘違いしている方もいらっしゃるようですが(私もそうでした……)、爆発するのはお湯に溶かしたオキシクリーンです。溶かすとどんどん発砲するため、密封容器には入れられないんです。便利そうだからといって、液体をスプレー容器に移したりしないように、ご注意ください!

キッチンと洗面所など、よく使う場所に保管しておくと、便利ですね。





オキシクリーンを使った動画とブログ

実際に使っているところを見れば、もっとオキシクリーンが気になるかも!? テレビショッピングを見ているような気分で楽しめる紹介動画と、使った方たちのブログをいくつかご紹介します。











オキシクリーンの使い方 まとめ

コストコの商品をたくさん紹介されている有名ブログさまです。オキシクリーンをどのように使えばいいのかが、素材別に詳しく書かれています。容量や使用時間も書かれているので、今まで上手に使えなかった方、ぜひご覧ください。



【オキシクリーンで楽家事】

たくさんの写真と一緒に、お風呂場、靴、キッチンのシンクにオキシクリーンを使った様子を紹介されています。最後の方に、オキシクリーンの保管についても書かれています。



コストコ オキシクリーンの実録レビュー。

効果が実感できなくて一度は使うのをやめたものの、人気があるのには理由があるはずと、再チャレンジ。玄関のたたき、ミルクパンに使用された様子を紹介されています。



コストコ オキシクリーン★ドラム式洗濯機で使ってみたレポ

縦型と仕様が異なるドラム式洗濯機に使った様子を紹介されています。一度は失敗に終わりますが、メーカーに問い合わせて再チャレンジして成功されています! 気になっていた洗濯機の臭いがなくなったそうです。



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。