スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

staub(ストウブ)の選び方とLe Creuset(ル・クルーゼ)との違い


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[STAUB] ブログ村キーワード


a0002_011920_m.jpg





昨日UPした記事「おしゃれなBRUNOコンパクトホットプレート&レシピ」のBRUNOと同じく、おしゃれで人気の高いストウブ。いざ購入しようと思っても、どのサイズを購入したらいいのか、迷いますよね。お手入れやレシピも気になりますし、ル・クルーゼとは何が違うのでしょうか???

ストウブのあれこれを、まとめました!






ストウブって???







ストウブは1974年に、フランスで誕生しました。優れた性能と、美しい見た目から、世界中のシェフが使用しています。

カラーバリエーションが豊富で、お好みにあわせて選ぶことができます。内側はすべて黒で統一されているため、ビーフシチューやトマトスープのような色の濃いお料理を作っても、色移りする心配がありません。また、特殊な加工により、焦げ付きにくくなっています。万が一焦げ付いてしまっても、丈夫なのでゴシゴシ洗えます!

最大の特徴は、蓋の裏についている「ピコ」と呼ばれる突起です。蒸気を逃さずキャッチして、水滴がまんべんなく食材に降り注ぐようになっています。これが、料理がおいしく仕上がる秘密です。また、他のお鍋では対応していない「無水調理」が可能となっています。

ストウブは。単なる調理道具ではありません。美しい色とデザインから、テーブルウェアとしても魅力があり、お料理をこのままサーブしても、さまになります。





ラウンドと、オーバル



ラウンド(円形)の特徴

一般的な丸い形のお鍋です。ストウブを初めて購入される方は、こちらを選ぶ場合が多いようです。

1つ注意したいのが、ル・クルーゼの同じサイズと比べると、こちらの方が容量が小さくなります。また、同じサイズのオーバルに比べると、ラウンドの方が容量が大きいです。



オーバル(楕円形)

横に長い楕円形がかわいいお鍋です。同じサイズでも、ラウンドより容量が小さくなるので、ご注意ください。

また、コンロのサイズによっては、お鍋の端に火が届かないことがあります。この場合、沸騰するまでに、やや時間がかかるかもしれません。

ラウンドの大きなサイズだと、オーブンに入りきらない可能性もありますが、奥行きが浅いオーバルなら、その心配もありませんね。





サイズの選び方



鍋として使う場合

普通のお鍋として使うのなら、20~24cmサイズが使いやすいと言われています。大人2~3人前のスープを作るなら20cmが。小さなお子さまがいるご家庭で煮込み料理を作るなら、22~24cmぐらいがちょうどいいようです。一人暮らしなら、14cm~16cmで十分です。



作った料理をそのままサーブする場合

見た目の美しいストウブならではの使い方です。メイン料理とセットで並べて使う場合は、10cm~12cmぐらいがいいようです。オニオングラタンスープやシチュー、煮込みハンバーグなど、一人前のメイン料理をサーブする場合は、10cm~14cmぐらいは欲しいところ。レストランやカフェで、こういうスタイルでストウブに入った料理が出されたことがありますが、とてもおしゃれで嬉しかったです!

大勢のゲストに大皿感覚でどーんと使いたい場合は、お魚が一匹入るくらいの大きさの26cm~28cmがオススメ。ただし、かなり重いので、持ち運ぶ際にはお気をつけ下さい。





ストウブと、ル・クルーゼの違い



ストウブと、ル・クルーゼ。どちらもおしゃれで、機能もばっちりです。それでは何が違うのでしょうか? お値段が安い方を買えばいいのでしょうか? 好きな色がある方を買えばいいのでしょうか? 2つのお鍋の特徴を表にして、比較してみました〜!



ストウブ
(ピコ・ココット)
22cm
 ル・クルーゼ
(ココット・ロンド)
22cm
2.6L容量3.3L
4.1kg重量3.5kg
2~4人分分量3~5人分
27,000円値段30,000円
内側の色白・クリーム色
完全無水調理×




お値段だけ見ればストウブの方が少しお安くて魅力的に感じますが、よく見てみると重さが全然違って、ストウブの方がかなり重いです。あまり重いと、出し入れが面倒になってしまうかも……。それに、大きければ大きいほど重量が増え持ち運びが大変になるので、そのままサーブしたいとお考えの場合は、ちょっと注意が必要ですね。

また、同じ大きさでも、容量はストウブの方が少ないです。

ここまでだと、少しお高くても軽くて容量の多いル・クルーゼの方が、魅力的に感じるかもしれません。ところが、ル・クルーゼは内側が白〜クリーム色をしているため、色移りが心配です。一方、ストウブは内側が真っ黒で色移りが気にならず、焦げ付きにくく加工されています。

最後に、ストウブの最大の魅力は……お水を使わず、野菜本来の旨みや栄養素を損なわない「完全無水調理」ができるということです。デメリットにも思えるずっしりとした鍋蓋が、ここで役に立つんですね〜!





私の場合は……



カレーや煮込みハンバーグなど、一人前のメイン料理をサーブするのに使いたいと思っていました。形は定番のラウンド。色はブラックがかっこいいな〜と思っていますが、まったりしたお色のグレーも素敵で悩むところです。

作りたい料理のことを考えると、色移りが気になるので、内側が黒のストウブがやっぱりいいかな! 焦げ付きにくいこと、ゴシゴシ洗っても大丈夫というところも、嬉しいポイントです。

サイズは1人前のメイン料理に、付け合わせの野菜なども並べたいので、14cmか、16cmぐらいがいいかな〜。18cmはちょっと大きすぎる気がします。





長くなってしまいましたが、なんとなくイメージが固まってきました! 次は、長く使うためのお手入れと、ストウブを使ったレシピをご紹介する予定です。



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。