スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃれに見えるジャーサラダのレシピ&食べ方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[ジャーサラダ] ブログ村キーワード


a0027_002865_m.jpg





ジャーサラダっておしゃれで気になるけど、どうやって作るの……?

容器の選び方、安全に食べるための煮沸消毒や、材料の詰め方、食べ方など、今さらすぎてちょっと人には聞きにくいジャーサラダの作り方をご紹介します。






容器はメイソンジャーが定番だけど、100均やプラスチックでもOK!





メイソンジャーとは、アメリカの家庭で100年以上も愛用されている密閉瓶のこと。ガラス製だから臭い移りもしにくく、煮沸消毒もできて衛生的です。それに、ロゴが入ったレトロなデザインも素敵ですよね。

メイソンジャーは色々な種類が出ているので、選ぶのに迷ってしまいますが、1つの瓶で1人分と考えればBALL メイソンジャー 《レギュラーマウス 16oz 480ml クリア》あたりが食べ切りやすく、サラダを詰めたときのバランスもちょうどいいのではないでしょうか。少し量が多い場合は、BALL メイソンジャー 《ワイドマウス 16oz 480ml クリア》もあります。これらは正規品を取り扱っているplywood キッチン・インテリア雑貨さんで購入できます。類似品を安く販売しているお店もあるので、購入の際は気をつけて下さいね!

メイソンジャーはとても素敵なのですが、少々高く感じることもあります。数をたくさんそろえたい方には、お値段がネックですよね。

そんなときは、セリアやダイソーなどの100均の瓶を探してみて下さい。選ぶときのポイントは3つ! 中に入れた野菜がキレイに見えるように透明なこと。一人分にちょうどいい大きさであること。野菜が入れやすいように口が広いこと。





会社のランチや、ピクニックに持って行きたい場合は、重たい瓶は不便ですよね。無理して瓶を使う必要はないので、「円形で」「透明で」「野菜を入れやすくて」「液漏れせずに密封できる」プラスチックの容器を使ってみて下さい。





煮沸消毒で食中毒予防!

ジャムを瓶詰めにするときなどに、煮沸消毒を行いますよね。ジャーサラダでも、使用前にきちんと消毒することで、食中毒のリスクを減らせます。時間や乾燥の仕方などを間違ってしまうと意味がないので、気をつけて下さいね!



[用意するもの]

・瓶
・瓶が入る大きな鍋
・トングなど瓶を取り出せるもの
・清潔な布巾




[煮沸消毒の方法]

1. 鍋に瓶とフタを入れて、隠れるくらいたっぷりの水を注いで、沸騰させる
2. 熱に弱いフタとパッキンを、3分ほどで取り出す
3. 瓶は10分ほど煮沸してから取り出す
4. 布巾の上で自然乾燥させる




最後は、布巾で拭いてしまっては意味がないので、必ず自然に乾燥させてください。もちろん、清潔なものを使って下さいね! 火傷にも気をつけてください。





下準備を忘れずに!

材料を触る前に、必ず手を石鹸で洗って下さい。これは料理をするときの基本中の基本ですよね! 指の股、爪の間、手首など、徹底的に洗います。

野菜は丁寧に洗ってください。水気もよく切って下さいね。

包丁やまな板も、清潔な状態で使用して下さい。肉や魚を切った後は、必ず洗剤をつけたスポンジで洗ってから、次の材料に使って下さい。

海老やイカを入れるときは、よく茹でて下さい。





ジャーサラダの基本の作り方

作り方は基本さえ覚えてしまえば、とっても簡単です!



1. ドレッシングを入れる
2. 豆、ニンジンなど固めの野菜を入れる
3. トマトやアボガドのような少し柔らかい野菜は、ここで入れる
4. 最後にレタスなど葉ものの野菜を入れる




大事なのは、ぎゅうぎゅうに詰めすぎないこと。順番に乗せていくだけでOKです!





日持ちはしない!

「ジャーサラダなら、週末に平日分をまとめて作ることができる」なんて言われていることもありますが、個人的には「本当に?」と思ってしまいます。いくら清潔な状態で作って、密閉して冷蔵庫に入れても、カットした野菜は傷みやすいです。ジャーサラダだからって、それは変わりません。

また、サラダはフレッシュな内に食べる方がいいと思っているので、私は作ったらその日の内に食べ切るか、夜作ったものを翌朝食べる……ぐらいがいいのかな〜と思います。

日本は海外よりも湿度が高いですし、これからどんどん暑くなって食中毒が気になる季節になるので、気をつけて食べたいですね! また、外に持ち歩く場合は、保冷バッグと保冷剤の使用を忘れずに〜。





ジャーサラダの食べ方

1. 瓶を振って、ドレッシングをサラダ全体に行き渡らせる
2. フタをあけて、お皿に広げる




上の方でご紹介した基本の作り方は、瓶を入れたときに材料がつぶれない入れ方であると同時に、お皿に広げたときに見栄えのいい詰め方でもあります。詰め込みすぎてしまうと出にくくなるので、注意して下さいね。

もちろん瓶のまま食べてもOKです!





おしゃれに見える材料の選び方

赤、オレンジ、緑、黄色、白など、いろんな色があったほうがカラフルでキレイだと思います。ジャーサラダに使いやすそうな材料をまとめました!



赤……………………ミニトマト、ハム、パプリカ、細切りベーコン
オレンジ……………にんじん、
黄色…………………パプリカ、パスタ、コーン、サツマイモ、チーズ
緑……………………きゅうり、ベビーリーフ、ブロッコリー、フリルレタス、アボカド
白……………………玉ねぎ、ラデイッシュ、大根
茶……………………ヒヨコ豆、クルトン 、チキン、ピーナッツ、ゴボウチップス
紫&黒………………レッドオニオン、ブラックビーンズ (黒いんげん豆)





本も出版されています!





ジャーサラダのレシピ本もたくさん出ていて、本屋さんではコーナーが組まれていることも……。こちらはジャーサラダジャーごはんです。



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。