スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道で乗馬デビュー!丘を歩いてきました


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[乗馬] ブログ村キーワード


IMG_9705.jpg





ずっと乗馬を習ってみたいと思っていて、お金やら時間やらの関係でずっと実現できていなかったのですが、今回の北海道旅行で、念願の乗馬デビューを果たしました〜!

申し込むときは、「未経験の私にできるのかな?」と不安もあったのですが、お馬さんって賢くって、初心者でもすいすい歩いてくれるんです。おかげで柵を出て、画像奥に写っている丘の上まで歩くことができました。

調べてみると、初心者でもOKのコースって意外とたくさんあるので、あとは乗馬の場所と、どんなところを馬に乗って歩きたいか、だと思います。私は北海道の大自然の中を、馬の背に揺られて歩きたいと思っていたので、夢が叶いました!

また、コースによっては、小さいお子さんでも同乗できるものや、ある程度の年齢なら一人で乗ることもできるようなので、家族で楽しめますよ〜。






IMG_9704.jpg



最初は、この柵の中で練習しました。

馬を前に立つと、その大きさにびっくり。目の高さに馬の横っ腹があります。これにどうやって乗るのかと言うと、まず鐙(あぶみ)と呼ばれるペダルのような部分に片足をかけて、鞍(くら)に手を掛けて一気に馬の背中にまたがります。「こんなに足上がらないよ!」と思ったけど、やってみると案外あっさりできました。なんとかなるものですね。(笑)

そこからは、手綱の持ち方や、馬への合図の出し方を教わって、柵の中を何回も歩きました。ゆっくりと歩く「常歩(なみあし)」を何回も練習して、最後に「速歩(はやあし)」も経験しました。これがかなり激しく上下に揺れて、お尻が痛いのなんの。落とされないように必死でした!

慣れるとさらに速い「駈歩(かけあし)」や、全速力の「襲歩(しゅうほ)」の方が、揺れないそうです。




IMG_9702.jpg



みっちり練習した後は、柵を出て、ゆっくりと丘の上を目指します。砂利道は、小石が踏まれる音に混じって、かっぽかっぽと音がして、心地いいです。土や草の上は、柔らかい絨毯の上を歩いているみたいでした。いつもと目線が違うので、新鮮です。だいたいバスに乗ったときぐらいの高さになるそうですよ。

丘の上は、草も木もいっぱい生えていて、遠くにはまだ雪が残る山々が連なっていました。とても見晴らしがよかったです。もっと上手になって、こんなところを馬に乗って疾走できたら気持ちいいでしょうね〜。




IMG_9703.jpg



私が乗ったお馬さんは、私が指示を出す前に周りを見て命令を先読みし、勝手に動き出すような子でした。(笑)それに、私を試すようなところもありました。どこまでやったら注意されるかな〜って。人間のこどもみたいですよね!

また、おトイレの回数が多いとか、背中の毛は柔らかくて気持ちがいいけど、しっぽはホウキみたいでパサパサしているとか、お尻と背中の筋肉がすごい!!! とか、近くで見ないとわからないこともたくさん学べました。

馬も人間と同じように性格があることや、馬の習性など、勉強になりました!



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。