スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IKEAでの基本的なお買い物方法


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[イケア] ブログ村キーワード


a1380_000623_m.jpg





初めてIKEAに行ったときは、あまりの広さにびっくり! 事前に予習して行ったものの、海外流のセルフサービスを目の当たりにすると、戸惑うことも多かったです。

そこで今回は、IKEAでの基本的なお買い物の流れをご紹介します。初めてIKEAに行く方、久しぶりすぎておさらいしたい方向けです。






1.IKEAでは経路が決まっている



(駐車場⇒)1階・エントランス⇒2階・ショールーム⇒1階・マーケットホール⇒セルフサービスエリア⇒お会計エリア



自家用車で来店した場合、日本の大型スーパーでは、駐車場から店内に入ってそのままお買い物ができますが、IKEAはお買い物の経路が決まっているため、駐車場から店内に入ったら、まずは1階の「エントランス」スペースに移動します。

その後、2階の「ショールーム」で家具や雑貨の展示を見て回ります。ここでは、ほとんどの商品が展示されているだけです。気になったものがあれば、忘れずにメモしておきます。ちなみにミートボールで有名な「レストラン」も、この階にあります!

再び1階に戻り、「マーケットホール」と呼ばれるエリアで、雑貨や小物をピックアップしていきます。

その次に訪れるのが、「セルフサービスエリア」です。ここは大型の家具の倉庫となっています。ここでも自分で商品を探して、カゴに入れていきます。

そして、最後に「お会計エリア」に向かいます。ここもセルフなので、海外のようにベルトコンベアに自分で商品を乗せて、会計が終わった商品を自分でバッグに入れます。割れ物の梱包も自分で行います。宅配サービスや、ホットドッグやドリンクバーがある「ビストロ」もこの階です。

駐車場から1階に行き、すぐ2階に上がって、また1階に移動して、駐車場に戻る……という流れなので、あちこち移動して大変なように思いますが、人の流れが一定方向なので意外と動きやすく、合理的になっています。セルフサービスも慣れてしまえば平気ですよ!





2.1階のエントランスで準備すること



トイレ、イエローバック、ショッピングリスト、鉛筆、メジャー



IKEAの店内はかなり広いので、ここでトイレを済ませておきます。「そんなこと?」と思われるかもしれませんが、私は久しぶりにIKEAに行ったら、ショールームから順番に移動して、途中レストランには寄っていないのに、お会計までに3時間もかかりました。(笑)

それから、購入したい商品を入れるためのイエローバックが用意されているので、雑貨や小物類を購入する予定なら、ここでゲットしておきます。これは、店内でのみ使用し、お会計の前に返却します。

近くには、大型の家具がどの棚にあるかメモするためのショッピングリスト鉛筆、紙でできたメジャーが用意されています。家具など大型の商品を購入する場合は、おうちから準備しなくても、IKEAで用意されたものを使ってもいいですね!

準備が整ったら、2階のショールームに移動します。





3.2階のショールームを見る



ショールームは、ベッドルームやキッズ、キッチンなど部屋のテーマごとにわけれています。床に矢印が書かれているので、そのとおりに進んで下さいね。途中、飛ばしたいエリアがある場合は、ショートカットのための扉も設けられています。時間が短縮できて便利ですよ!

ショールームの商品は、ほとんどが「見るだけ」です。(一部、ピックアップできる商品もあります。)

ここではプライスタグをチェックして下さい。その商品が、1階のマーケットホールでピックアップできるのか、それともセルフサービスエリアでピックアップできるのかが表示されています。雑貨や小物の場合は、マーケットホール。大型の家具の場合は、セルフサービスエリアでピックアップできます。また、セルフサービスエリアのどの位置に保管されているかも表示されているので、棚の列や商品番号を忘れずにショッピングリストにメモして下さいね!

一部商品は、店員さんに尋ねるようになっています。それもプライスタグに書かれているので、近くの店員さんに聞いてみて下さい。

ショールームに展示されているアイテムは、IKEAで購入できる商品ばかり。コーディネートの参考になって、見ていて楽しいです! 中には、1部屋で使用しているアイテムの合計のお値段も載っていたりするので、丸ごとマネしちゃうことだって可能です。





4.レストランで休憩を挟む



すべてのショールームを見て回ると、かなり時間がかかり、体力的にも疲れてきます。そんな時は、同じ階にあるレストランでちょっと休憩。こちらはミートボールが有名です。

イエローバックは、壁のフックにかけられます。嬉しいことに、ドリンクバーもあるから、どのアイテムを購入するかじっくり悩んでもいいですね! Wi-Fiがパスワードや登録なしで使えるので、今の気持ちをTwitterでつぶやいたり、IGで情報収集することもできます。





5.マーケットホール



1階に戻ると、すぐ目の前にマーケットホールが現れます。ここでは、お皿、プレイスマット、ディスペンサー、クッションカバーやカーテン、ランプ、キャンドル、造花などの雑貨&小物類&ファブリックをピックアップできます! たくさん買う場合は、入り口にあるカートを使うと便利です。





6.セルフサービスエリア



チェスト、ワゴン、テーブルなど、大型の家具はこのエリアでピックアップします。広くて商品が多いので、闇雲に探すのは大変! ここで、先ほどメモしたショッピングリストが役に立ちます。棚の場所がわかっているから、欲しい商品にすぐに辿りつけます。

このエリアでは、フラットトローリーと呼ばれる台車があると便利です。商品を積み下ろししやすいように角度がつけられ、イエローバックを引っ掛けるフックまでついています。また、商品自体もフラットパックと言って、積み上げやすいように平坦にパッキングされています。お買い物しやすいように、いろいろと工夫されているんですね〜!

なお、フラットトローリーに商品を積む際は、バーコードが片方だけに見えるようにそろえて積んで下さい。お会計がスムーズになります。

大きくて車で運べないから、宅配を利用するという場合も、ここでピックアップして下さいね!





7.最後にアウトレットコーナー&部品・パーツ検索コーナー



元々安いIKEAの商品にも、アウトレットがあります! 欲しかった家具が、お得にゲットできるかもしれません。

また、IKEAの規格にあった部品やパーツを無料で提供しているコーナーもあります。いざという時のために入手しておけば、安心ですね!





8.お会計



レジも海外式です。カートやイエローバックに入れた商品を、どんどんベルトコンベアーに並べていってください。空になったイエローバックは、返却用のカゴがあるので、そこに入れます。持ち帰り用のブルーバックや紙袋(いわゆるショッピングバッグ)は有料です。必要な場合は、一緒にベルトコンベアーに乗せて下さい。すべての商品を乗せ終えたら、「NEXT CUSTOMER」と書かれた青いバーを置きます。(前のお客さんがこのバーを置き忘れている場合は、自分の商品を並べる前に、バーを置いておきます。)

フラットトロリーに乗せた商品は、降ろさずにそのままバーコードをチェックしてくれます。

お会計が終わった商品は、自分でブルーのバックか紙袋に入れていきます。





9.割れ物と宅配



ガラスなどの割れ物は、新聞紙で梱包できるラッピングカウンターがありますので、そちらに移動して下さい。

商品が大きくて車に入らないという場合は、宅配サービスをご利用ください。例えば、IKEA船橋から船橋市に宅配すると、商品20点までで、総量150kg以下なら3,990円です。(キッチン配送、アウトレット配送、エリア外への配送など、条件によって料金は変わります。)また、追加料金が発生する場合もあります。詳しくは、IKEA公式HPの「宅配サービス」をご覧ください。

フラットパックの商品を1つだけ配送したい、という場合は「ワンパッケージ配送サービス」が便利です。三辺の合計が160cm未満、重量が30kg未満、先ほどと同じエリアで配送すると990円かかります。

細々したものを配送したい場合は、「手ぶらdeボックス」という小口配送(宅配便)サ ービスがあります。40cm×40cm×30cmで重量30kg未満、または50cm×50cm×60cmで重量30kg未満なら、先ほどと同じエリアで配送すると990円かかります。

伝票を記入して、宅配受付カウンターへ向かって下さい。





IKEAでの基本的なお買い物は、以上です! ほかにも魅力的なサービスや、効率のいい買い方があるのですが、そちらは別の記事でご紹介ね。もっと詳しく知りたい場合は、公式の動画を貼っておきますので、そちらをご覧ください!









ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。