スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルアド宅配便なら住所を知らないSNSの友人にも荷物が送れます


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[宅配] ブログ村キーワード


a0001_015935_m.jpg



IGやTwitterなど、SNSで親しくなった友人に荷物を送りたい時、自分の住所を伝えることに抵抗があったりしませんか? そんなときはメールアドレスだけで荷物が送れる「メルアド宅配便」というサービスがおすすめです!

方法はとっても簡単で、必要事項を入力してサービスを申し込むと、相手側に確認メールが届くので、届け先などの情報を入力してもらいます。佐川急便が集荷に来てくれて、荷物はいったん配送センターへ。そこで伝票が貼り替えられ、受取人の元に改めて配達される……という仕組み。

また、メールアドレスすら必要のない「SNS宅配便」という新サービスも始まりました!

お互いに個人情報を守れるから、安心してして誕生日プレゼントや代行の商品を届けられます。






「メルアド宅配便」とは

メルアド宅配便
http://www.mailaddbin.com/

実はこれ、5年以上前からあるサービスなのですが、スマートフォンが普及し、たくさんのSNSアプリが増えたことで、今後ますます便利になりそうな気がしたので、忘備録も兼ねて紹介させていただきます!

まず、運営しているのはSoftBankグループ。そして宅配してくれるのは、佐川急便さんということで、大手がかかわっているサービスなので、安心して利用できますね。

必要なのはメールアドレスだけ。ですが、そのメールアドレスすら教えたくないという場合には、登録した際に発行されるURLを相手に伝えるだけの「SNS宅配便」という新サービスも、2015年7月から始まっています。こちらはLINEやTwitterのDMでやり取りすればいいので、さらに気軽ですよね。

気になる配送料は、1100円。ややお高めに感じるかもしれませんが、「途中、配送センターを経由すること」と「相手に住所が知られずに済むこと」、そして送り先が沖縄でも北海道でも「全国一律料金であること」を考えると、妥当なお値段ではないでしょうか。荷物によっては、類似サービスの「はこBOON」や「オークションゆうパック」よりもお得です!(詳しくは後述)

以下に、「メルアド宅配便」の利用シーンや、料金の比較をご紹介します!





こんなときに!「メルアド宅配便」「SNS宅配便」

上手に利用すれば、SNSやブログがもっと楽しくなりそうです!



◎誕生日プレゼントを送る

誕生日は知っているけど、住所は知らない……。プレゼントを贈りたい気持ちはあっても、やっぱり住所を教えるのには抵抗があります。それは、プレゼントをもらう側も同じかも。いきなり「プレゼントを贈るから住所を教えてほしい」なんて言われても、戸惑いますよね……。そんなときは、「メルアド宅配便」が便利ですよ〜!



◎代行を頼む

SNSでは、地方に住んでいて、近くに好きなショップがない場合、代行を頼むこともあります。気になるあの商品は欲しいけど、住所は教えたくない……というときに「メルアド宅配便」。これは、代行する側にとってもメリットがあるので、今まで代行サービスを始めてみたかった人にも、オススメです!



◎交換便

SNSが人気になる前、まだブログしかなかった頃から、好みのあう人同士で、お互いに雑貨などを送って交換する「交換便」と呼ばれるやり取りがあり、これは今も盛んに行われています。趣味があうから、送るのも、もらうのも、楽しいんですよね! 「メルアド宅配便」を利用すれば、今まで勇気が出なくて交換便ができなかった人とも、交流のチャンスが増えるかもしれません。



◎オークションやフリマサービス

どちらのサービスも、「不要なものが売り払える」「欲しいものが安く手に入る」と売り手にも買い手にも人気ですよね。けど、SNSの友人にさえ住所を教えるのに抵抗があるのに、ましてや知らない人に教えるなんてもってのほか。「メルアド宅配便」ならお互いに個人情報が守れて、安心して取引できそうです。



◎メールアドレスを教えるのも不安!

冒頭でご紹介したとおり、「SNS宅配便」なら相手にURLを伝えるだけでいいので、メールアドレスを教えたくない人にもオススメです。料金は「メルアド宅配便」と同じなので、シーンにあわせて使い分ければいいですね!





料金の比較

全国一律1100円、と値段だけ聞くと、高く感じるかもしれませんが、他のサービスと料金を比べてみると、そうでもありません。「メルアド宅配便」の上限である「三辺の合計160cm以内」「重さ20kgまで」のギリギリの条件で荷物を遠方に送る場合、かなりお得です!



サイズ:150cm(50×50×50 cm)
重量:18kg
区間:東京から北海道




定形外郵便物
×(サイズオーバーのため利用不可)

ゆうパック
2150円

クロネコヤマトの宅急便
2268円

飛脚宅配便
2268円

はこBOON
1728円

オークションゆうパック(楽オク)
2000円



ほとんどが2000円を超えています。それでは、軽くて小さいものを同県内に送る場合は、どうでしょうか。A4程度の厚みのないものを梱包したと想定して、比較してみました。



サイズ:75cm(31×39×5 cm)
重量:500g
区間:東京から東京




定形外郵便物
400円

ゆうパック
900円

クロネコヤマトの宅急便
972円

飛脚宅配便
1026円

はこBOON
494円

オークションゆうパック(楽オク)
750円



今度は反対に、ほとんどのサービスが「メルアド宅配便」よりも安い、という結果になりました。

「メルアド宅配便」は、住所を知られたくない相手に荷物を送る場合にとても魅力的なサービスですが、住所を知っている相手でも、大きくて重いものを遠方に送るなら、普段から利用するのもよさそうです。上手に使い分けたいですね!

料金の比較は「送料の虎」で簡単にできます。





利用方法

1. メルアド宅配便(http://www.mailaddbin.com/)にアクセス

2. 差出人情報(メールアドレスや住所など)を登録する
   事前に「らくらく事前エントリー」に登録しておくと便利です!

3. 受取人のメールアドレス、配送品情報を入力して申し込み完了メールを受け取る
   利用料金の支払いは、差出人と受取人両者から選択できます。

4. 受取人の元にもメールが届くので手続きしてもらう
   受取人の住所、名前、電話番号などを入力すると、受取承諾完了メールが届きます。
   受取人にしてもらう作業はここまで!

5. 差出人の元に届いたメールに記載された URL から、集荷依頼を行う
   集荷日時を指定して、荷物をとりにきてもらいます。梱包は差出人がします。

6. 差出人から集荷された荷物が、メルアド宅配便配送センターに到着
   荷物の重さ、三辺の合計を計測し、受取人宛の伝票に貼り替えて、発送されます。
   出荷完了メールが届きます。

7. 受取人の元へ、荷物が届けられる
   受取人への配送が終わると、配送完了メールが届きます。



「SNS宅配便」の場合
差出人が自分の情報を登録すると、URLが発行されるので、そのURLを相手に伝えて下さい。





配達にかかる日数

メルアド宅配便配送センターを経由するため、通常の配達よりも到着までに時間がかかります。また、差出人と受取人が住んでいる地域によっても日数が変わってきます。急ぎの配達には不向きなので、ご注意ください。



差出人からメルアド宅配便配送センターへ

北海道…………2.0 ~ 3.4日
関 東…………1.0 ~ 2.4日
九 州…………2.0 ~ 3.5日
沖 縄…………4.0 ~ 6.6日



メルアド宅配便配送センターで一時預かり

0.5日



宅配便配送センターから受取人へ

北海道…………2.3 ~ 3.9日
関 東…………1.3 ~ 2.5日
九 州…………2.5 ~ 4.0日
沖 縄…………4.5 ~ 6.5日



※差出人が東京に住んでいて、受取人が北海道に住んでいる場合

1.0 ~ 2.4日 + 0.5日 + 2.3 ~ 3.9日 = 最短3.8日、最長6.8日
早くても4日、遅ければ1週間ほどかかるようです。





料金と配達日数はネックですが、よく知らない相手に住所や電話番号を伝えるリスクを考えると、かなり便利なサービスだと思います!



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。