スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリアを邪魔しない窓の結露対策10


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[結露] ブログ村キーワード



a0960_005426_m.jpg



窓の結露対策には、いろいろな方法がありますが、プチプチは生活感丸出しだし、結露防止テープはデザインがださいし、フィルムはキレイに貼るのが難しいし……と、インテリアの邪魔にしかなりません。けれど、何も対策しないでいると、朝にはサッシまで水が垂れて、窓ガラス1枚拭いただけでタオルはびしょびしょ。面倒で放っておくと今度はカビが生え、病気の原因となってしまいます。

そこで今回は、見た目を損ねない窓の結露対策をご紹介します。今年の冬は結露を防止しながら、今までどおりインテリアも楽しみましょう〜!






結露はなぜできる???

結露の仕組みは、「温度差」と「水蒸気」です。真冬の暖かい家の中と、凍えるような寒さの屋外は、結露が発生しやすい環境となっています。少し詳しく見ていきましょう。

真冬のおうちの中は、暖房で温められた空気が漂っています。この中には、実はたくさんの水蒸気が含まれているのです。一方、屋外には冷たい空気が漂っています。こちらの空気の中には、ほんの少しだけ水蒸気が含まれています。温度によって、空気中に含まれる水蒸気の量に差があるんですね。

おうちの中の暖かい空気は、外気で冷やされた窓にぶつかることで、冷たい空気へと変わります。このとき、空気中に保有できる水蒸気の量が減ってしまうので、余分な水蒸気が窓にくっつき、「結露」となるのです。

昔の家はすき間が多く、風がとおりやすかったのですが、現代では気密性が上がり、湿気が溜まりやすくなったため、結露ができやすいようです。





結露を放っておくと……

窓一面にできた結露をタオルで拭こうとすると、あっという間にびしょびしょになってしまいますよね。乾きづらいのにタオルを何枚も使ったり、いちいち絞ったりするのも面倒です。けれど、結露をそのままにしておくと、カビを発生させ、ダニが生息しやすい環境を作ってしまいます。そうなると、健康面に影響が出るだけでなく、家が腐ってしまうこともあるのだとか……。





インテリアを邪魔しない結露対策

結露対策というと、梱包材に使用されているプチプチを貼るのが有名ですよね。また、垂れてくる水滴を吸い取る結露防止テープというものも売られています。けど、これってださくありませんか??? 人気の北欧雑貨や、海外インテリアのようなおしゃれな家具がいっぱいの素敵なおうちでも、窓がプチプチで覆われていては台無しですよね……。

インテリアが好きな人のために、見た目の美しさを維持しながら結露も防止できる方法をご紹介します! 結露に対応した窓に替えることが最も効果的ですが、なにせ費用が高いので、「取り入れやすさ」を重視しました。また、「防止」といっても完全に結露がなくなる方法はありません。





1. 換気

空気を入れ替えることで、おうちの中の水蒸気をたくさん含んだ空気が外に出て行き、結露を防ぐことができます。とっても簡単で、お金もかからない方法なので、これは絶対に行うようにしましょう〜。クローゼットや押し入れの扉も開けて、換気して下さいね。

部屋の中の窓は2箇所以上開けて下さい。入り口と出口ができ、空気の流れがよくなります。風が入ってこないときは、扇風機を使います。

また、換気扇も効果的です。こちらは家族が寝ている夜に使用するといいですね。





2. 除湿剤

除湿機もいいのですが、湿度が下がり乾燥すると風邪が心配なので、除湿剤をオススメします! 除湿機に比べると安いですし、収納場所にも困りません。

市販のインテリアにはマッチしない除湿剤は、サイドテーブルの下など見えにくいところに置いたり、ポスターで隠したりできます。アドグッド 除湿剤 800ml*3個パックは、大容量で有効期間は4〜8ヵ月と通常よりも長いです。こまめに取り替えるのが面倒な方にぴったり。

除湿剤の見た目にもこだわりたい方には、バスマットで有名なsoilシリーズがおしゃれでオススメです! soilには、吸水性&保湿性に優れた珪藻土を使用しています。消臭性、調湿性にも富んでいる優れものです。





soil 珪藻土ドライングエッグ

卵の形がかわいい〜! 1個ずつ購入できますが、4個買うと後ろにちらっと写っている専用の紙製パッケージに入れて届けてくれます。エッグスタンドに立てて、並べてみませんか???





SOIL COASTER large square

シンプルなインテリアには、ホワイトとブラックが似合うと思います。花瓶の下に敷いたり、紐で繋げてガーランド風に飾るのはいかがでしょうか。サークルタイプもあります。





soil ドライングブロック

板チョコのようにパキッと割って、ブロックにして使います。透明なキャニスターや、ガラスの器に盛って飾るとかわいいかも。長方形タイプもあります。





soil カッティングボードスタンド

ご覧のとおり、まな板を立てるアイテムなのですが、形がユニークなので、オブジェとして普通に飾れそうじゃないですか??? 並べたり、積んだり。



他にも3種類の貝殻の形がかわいいSoil drying objectや、バラの形をしたISURUGI ローズドライングブロック(店舗限定販売)、コップとして並べて飾れそうなsoil 歯ブラシスタンドがあります。本来の使い方とは違うので、普通の除湿剤の方が機能は優れていると思いますが、飾りとして使いたい方にはいいかと。





3. エアコンで暖房

暖房には、エアコンのように水蒸気を発生させないものを使いましょう。ストーブは水蒸気が発生しやすいので注意!





4. 室内干しや鉢、水槽が原因に

洗濯物に含まれる水分が、結露の原因となります。結露が出るシーズンは、室内干しは避けましょう。

また、観葉植物の鉢や、熱帯魚の水槽が過剰にあると、それも結露の原因となります。植物やペットの撤去は難しいと思いますが、原因となっていることは知っておきたいですね。





5. 家具の配置を替える

壁に密着させたり、窓から流れ込む空気を防ぐような配置になっていませんか? 模様替えのついでに家具の配置を替えてみましょう。

クローゼットの中に物が溢れ返っている状態も、空気が循環しないため危険です。断捨離して、すっきり片付けましょう。すのこも効果的です。





6. 結露防止スプレー

プチプチも、結露防止テープも、フィルムも目に見えるものなので、インテリアを邪魔してしまいます。「それなら透明なら気にならないのでは?」というわけで、結露防止対策にはスプレーをオススメさせていただきます!

使い方は簡単で、お部屋側の窓にスプレーして、タオルで拭けば塗布できます。





寒い暑いその時 400ml

一度塗布すると、窓ガラスからの熱の出入りを抑える効果が、およそ一ヶ月持続します。しかも塗布後に水拭きしても、効果は変わりません。夏は日射の不可が軽減され、冷房効率が上昇します。冬だけじゃなく夏も使えるのが嬉しいですね。

フィルムを剥がせば真っ白ボディーになるところも、シンプルインテリア好きにはポイント!





7. 結露抑制・窓際ヒーター

窓の下に置いて、スイッチを入れると本体から熱を発して、下に溜まった冷たい空気を暖めてくれます。冷気の侵入を抑えることで室内が暖まりやすくなり、窓際に置くため結露の発生も緩和します。

使うとなると目に見えるところに置くので、デザインにはこだわりたいですよね。2005年度の「グッドデザイン賞」を受賞した窓際ヒーターをご紹介します!





森永ウインドーラジエーター伸縮タイプ 1200~1900mm

すっきりしたデザインで、出しっぱなしにしていても、気になりません。工事不要で、ネジなどで固定する必要もなく、ただ窓下に置くだけ。表面温度は約65℃なので、カーテンが触れても燃える心配はありません。それに、運転音もしないので、就寝時にも使えます。1kWh22円として8時間使用した場合の電気代はわずか約21円です!

長さが固定されているものと、伸縮できる2タイプがあり、一番短いもので600mm、長いもので1900mmです。シンプルインテリアには、清潔感があってすっきりとしたホワイト、または窓と一体化して見えるステンレスカラーがオススメ。

※類似商品があります。デザインが違いますのでご注意下さい。





8. 結露とりワイパー

色々試しても結露が発生してしまった場合は、掃除のストレスを減らすことを考えましょう〜!

タオルだと何回も絞ったり、洗濯物が乾きにくい季節なのに何枚も使わないといけなくて、プチストレスに……。そこで、結露とりワイパーの登場です。もっとおしゃれなスクイージーもありますが、水がサッシに溜まるだけであまり意味はありません。結露とりワイパーなら、持ち手がボトルになっているので、水滴を落とさずお掃除できます。

ペットボトルを取り付けて持ち手にするタイプもありますが、ぼてっとして見えるので、こちらのスリムな持ち手の方がオススメです!





コンドル 結露とりワイパー S

雑誌やテレビでも紹介されています。素早く水滴が集められます。透明ボトルに溜まった水の量を見るのが快感です!





9. スポンジワイプ

雑貨屋さんなどで見かけたことがある方も多いと思いますが、日本では使用されいてる方はまだまだ少ないスポンジワイプは、吸水性が抜群! 普通のタオルだとすぐにびしょびしょになってしまう結露の拭き掃除に、ぴったりのアイテムです。

スポンジワイプとは、セルロース(食物繊維)とコットンから作られた「ふきん」のことで、自重の10倍以上の吸水性を持っていると言われています。汚れたら洗濯機で洗えるので、衛生的ですし、何度も使用できる耐久性も魅力のひとつです。

最初はパリパリしていてやや固いのですが、水に濡らすとすぐふにゃふにゃになります。そうしたら、軽く絞って、結露を拭き取って下さい。タオルよりも水を吸ってくれるので、掃除が楽ですよ!





スポンジワイプ キャンディ(グレー)

さすが北欧の雑貨です。種類が多いです。シンプルなインテリアにあうモノトーンのデザインもありますよ。





10. 二重窓をDIY

窓の工事というと費用が気になりますが、DIYでおしゃれな二重窓を作られている方がいるので、ご紹介します!(目隠しシートを貼っているだけのものもありますが、アレンジすれば二重窓になりますし、素敵なので一緒に紹介させていただきます。)



DIYでリビングの内窓が完成!ようやく我が家もクリスマス
たくさん手作りされていて、雑誌でも多数掲載されているぷちふるさんのブログです。窓枠にはめているだけだそうですが、結露がなくなり、元から二重窓だったかのようにインテリアにとてもあっていて素敵です。作り方が気になります……。

ナチュラル感UP!手作り内窓
ガラスの代わりにアクリル板を使って、窓飾りシートを貼ることでレトロな雰囲気に。下の窓は観音開きになっているところがすごいです! 作り方と材料が詳しく載っています。

内窓をDIY
木の枠に、裏からマスキングテープで目隠しシートを貼っています。取っ手や留め具にこだわると、本物の窓みたいですね〜!

「板壁ワールド完結編!古い賃貸でも…生まれ変わる!?」
古い和室を、板壁の素敵なおうちにDIYされています。カフェみたいでかわいいです。窓はシートを貼っただけのものや、枠だけのものもあります。

DIY☆窓枠作り
海外のおうちのようなホワイトの枠が素敵です。こちらは枠だけで、裏にレースのカーテンを画鋲で留めているそうです。

玄関窓枠をナチュラルに完成型♪
折れ戸とアイアンの飾りが素敵です!

サニタリーの窓をかわいくDIY(解説付)♪
ガラスシートを貼って、窓が開くようにされています。すごい!

なんちゃって扉 [DIY]
ベニヤで作った枠に、セリアのカードケースとレース柄のガラスシートを貼って作られています。

教会みたいな内窓をDIY
窓の形がかわいいです! しかも折れ戸で開きます。

DIY 内窓(4)
上の窓と同じ方が作られています。本格的ですごいです!





以上、インテリアの邪魔にならない結露対策でした! この中の1つだけを試しても、今までとそれほど変わらないと思いますので、複数組み合わせてみて下さいね。完全に結露を発生させないわけではありませんが、少しは減るはずです。



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。