スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者でも簡単な花束の作り方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[花束] ブログ村キーワード



花,花束





初めてでも簡単に作れる花束をご紹介します!

ブーケ、と聞くと、結婚式で花嫁さんが持つ華やかなものをイメージしがちですが、お花を3本束ねただけでも、立派なブーケなんですよね。お花屋さんで、自分の好きな花だけを集めたり、誰かに贈るときはその人のイメージにあったお花を用意したりして、自分で簡単に花束が作れたらいいのにな〜、と思います。






花束を作りたいとき

花束は結婚式や、送別会、発表会など、大きなイベントで用意することが多いですが、もっと身近にあったら気軽に飾れると思いませんか???



・お花屋さんで好きな花を見つけたとき
・嬉しいこと、悲しいことがあったとき
・おうちの中が寂しいとき
・大切な人の誕生日やお祝い事に
・友達のおうちにお邪魔するときの手土産に




花束は、そのまま花瓶に飾れば、美しい形をキープできます。私は気に入ったお花があるときは、花束をばらして、1本ずつ吊るしてドライフラワーにします。花びらが散ってしまったときは、かき集めて、お水を張った器に浮かべることもあります。

花束は作って楽しく、もらって嬉しいもので、いろいろな飾り方ができるのも魅力的です。





花束を作るときの花の選び方

たくさん数があるとバランスをとるのが大変なので、まずは3種類の花材から作ることをオススメします。特別おしゃれで高価なところでなくてもいいので、ご近所でお気に入りの花屋さんを見つけてみてくださいね。



(1)メインのお花

一番最初に選びたいのは、花束の主役です。自分用の場合は色や形が好みの物を、誰かに贈る場合は、その人の雰囲気や、贈るシーンにあわせて花を選びます。お花の名前がわからなくても大丈夫。インスピレーションで決めてしまいましょう〜!



(2)サブのお花

メインのお花にあう「色」と「形」を意識して選びます。

例えば、メインが赤いお花なら、同じ赤でまとめて焦熱的にしたり、ピンクをあわせて女性らしくしたり……。メインがパステルカラーなら、サブに白のお花を選んで、ふんわりした雰囲気にしても、素敵ですね。最初は同系色か、相性のいい色で組み合わせたほうが簡単です。慣れてきたら、差し色として違った色を選んでもいいですね!

続いてサブのお花の「形」は、引き立て役なので、小粒でボリュームのあるものや、縦に並んだお花を選ぶとあわせやすいです。また、実ものもオススメ。定番はヒペリカム! 赤、ピンク、グリーンなどがいろんな色があります。



(3)葉っぱ

最後に全体をまとめるグリーンを選びます。レモンリーフ、ユーカリなら、置いている花屋さんも多いのではないでしょうか。葉っぱの色や形で、雰囲気が変わるので、メインとサブのお花との組み合わせを見ながら、決めて下さいね。





花束の作り方

初心者の方が、お友達への贈り物として花束を作ろうと思ったとき、YouTubeでスパイラルの作り方を解説した動画を見ても、恐らくすぐには習得できないと思います。いきなり難しいものを作ろうと思わずに、上で紹介したような簡単なものから始めた方が、失敗しないですよ〜。



ぶきっちょさんでも大丈夫!素敵な花束の作り方 素敵な花束を贈ろう!

ナチュラルステムという机の上に置いて花束を作る方法を紹介されています。



ボクでもできるブーケの作り方

写真がとてもキレイでステキなショップさんで連載されているコーナー。





花束のラッピング

花を束ねたら、茎の長さをある程度、切りそろえましょう。このとき、切れ味のいいハサミ(できればお花用のもの)を使って下さいね。



保水処理

花がしおれるのを防ぐために、保水処理を行います。まず、机の上に、大きめに切ったラップを広げてください。その上に、水で湿らせたキッチンペーパーを置きます。キッチンペーパーの上に花束の茎を置いたら、下半分を上へ折り、それから左右を中央に向かって折って、茎を優しく包みます。最後にラップで包んで、水が漏れないようにしたら、完成です!

キッチンペーパーがなければティシュでもかまいませんし、ラップの代わりにアルミホイルを使うこともできます。お好みでどうぞ。



ラッピング

ラッピングペーパーと、リボンを用意します。どんな素材を選ぶかで、花束の最終的な雰囲気が決まるので、とても重要です!

ラッピングペーパーは、例えば英字新聞、蠟引きのペーパー、クラフト紙などがあります。ラッピング資材の専門店だと単価は安いですが、大量に購入しないといけません。オススメは100均。ダイソーやセリアにラッピングコーナーがあるので、探してみて下さいね。

リボンはサテンのものなら、光沢があって、高級感が出ます。ラフィア、麻紐は、ナチュラルで優しい雰囲気。コーヒーで染めたレースのリボンを使えば、アンティーク風になります。リボンの幅も大切なので、比べてみてください。



簡単!かわいいブーケの包み方お教えします☆

ラッピング用紙2枚をずらして包む方法。



春に贈りたい フラワーラッピング

中からちらっと見えるレースペーパーが素敵です。





こちらもオススメ!



小さな花束の本



表紙に一目惚れして購入した花束の本です。今回ご紹介したような簡単なんだけど見栄えのする花束が作りたい方にオススメです。前回の記事(おすすめの花の本「小さな花束の本」「ドライフラワー図鑑」)で詳しく紹介しています!



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。