スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花屋さんで失敗しない!花束を注文するコツ&相場


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[花屋] ブログ村キーワード



a0790_000446_m.jpg





お花屋さんに花束を注文するときのコツと、相場をご紹介します!

大切な人にお花を贈りたいと思って、お花屋さんに花束を注文したときに、出来上がりがイメージと違って、がっかりしたことはありませんか??? 失敗した原因は、あなたのイメージがきちんとお花屋さんに伝わっていなかったか、イメージしている花束に、予算が追いついていなかったことが考えられます。

コツさえおさえれば、イメージに近い花束を作ってもらえますよ。また、いくらぐらいでどのような花束ができるのか、目安となる相場もご紹介します。






花屋の選び方

お店に並んでいるお花を見てみて下さい。雑誌で紹介されるようないまどきのおしゃれな花束が欲しいと思っていても、店頭にバラやカーネーション、かすみ草など定番のお花しか並んでいないのなら、材料がないため、作ってもらえません。

お花の名前がわからなくても、大丈夫です。姿形を見て、気に入ったお花がなければ、そのお店ではあなたが求めている花束は作ってもらえない、ということになります。花束を作ってもらう前に、近くにあるお花屋さんをいくつかチェックしておくといいですね。

素敵な花束を作ってもらうために、店先に並んでいる500円程度のミニブーケや、あらかじめ用意されている2000〜3000円のブーケをよく見ておきましょう。そのお店のセンスがわかります。お花の組み合わせだけでなく、ラッピングも見ておくといいですね。よくあるビニール製のラッピングだと、ちょっと古めかしい印象になってしまいます。(ラッピングだけが気に入らないという場合は、自分でやり直すこともできます。)





花束の相場を知る

いくら支払えば、どのような花束ができるのかって、案外知らないものですよね。お店や、季節、仕入れ状況によって違いはありますが、「この値段なら、だいたいこんな花束ができますよ〜」という相場をご紹介します!



500〜1000円

小ぶりなかわいい花束。お花はガーベラやかすみ草など、単価が安くて、1本でも存在感がある花を使用する印象です。そのため、使ってほしいお花があっても、要望が叶わないこともあるかも……。オーダーするより、あらかじめ用意されているミニブーケの方がボリュームがあって、素敵な場合もあります。お金がない学生さんが、ちょっとお花を贈りたいときにオススメのお値段です。



〜2000円

そこそこのボリュームで作ってもらえます。メインのプレゼントと一緒に花束を贈りたいときや、どなたかのおうちにお邪魔するときの手土産に添えるなど、ちょっとしたシーンでも相手に気をつかわせずに贈れる花束です。



〜3000円

もっともオススメのお値段です! それなりに花の数を使ってくれるので、多すぎず少なすぎない、ちょうどいいボリュームの花束に仕上がります。このお値段なら、花束だけでも十分なプレゼントになります。大人のお友達が習っているバレエやピアノの発表会に招かれたときに、贈る花束にもぴったり。



〜5000円

かなりのボリュームが出ます。腕で抱えるようなイメージ。豪華な花束を希望されているなら、少なくともこのくらいは出した方が、失敗しないと思います。非常に親しい友人、お世話になった先輩、尊敬している恩師のお祝い事など。持って帰るのが大変な場合もあるので、相手が車を運転されるか、花束を渡したあとどこにも寄らず帰られるようなシーンで贈った方が、相手の方にも負担になりません。



〜10000円

花をたくさん使うので、かなりのボリュームが出るのはもちろん、高価なお花も使ってくれます。本当に特別な相手の特別な日に贈りたい花束です。けど、このお値段の花束を贈ることも、もらうことも、人生に一度あるかないか……。セレブリティーな存在。ちなみに、これ以上の金額でも花束は作ってもらえます。





花束の値段の内訳

お花屋さんに予算を伝えた上で、「このお花を使って下さい」とお願いしたいときもありますよね。けど、お花の単価が高いと、予算が低くて断られたり、かなりボリュームの少ない花束になってしまいます。それはなぜかと言うと、花束にかかる費用は、お花の値段だけではないからです。



花代+ラッピング代+作業費



注文をした方(あなた)のために作る花束なので、作業にはそれなりの時間がかかります。そのための費用も当然含まれています。





注文するタイミング

花束を受け取りたい時間が決まっている場合は、前日までに注文しておいた方が、当日スムーズです。電話でも受け付けてくれますよ。また、当日に注文しても対応してもらえますが、花の数が多い場合や、繁忙期の場合、一度に作ってもらう花束の数が多い場合は、時間がかかります。閉店間際に「今すぐ作って!」とお願いするのは避けた方がいいですね。





注文するときに伝えること

予算だけを伝えて、あとはお任せしてしまっては、あなたがイメージする花束は、お花屋さんには伝わりません。もっと伝えるべき情報があります!



・予算(3000円以内で)
・花束を贈る相手の年齢と性別(12歳の女の子、60代の男性)
・なぜ贈るか(誕生日、発表会、送別会など)
・色(赤で上品に、グリーンとホワイトで爽やかに)
・使用する花(バラをふんだんに、ユリを1本だけ)
・ボリューム(ボリュームを出して、すっきりとシンプルに)




店先にイメージに近い花束がある場合は、「あの花束のようにして下さい」と一言添えると、お花屋さんもわかりやすいです。もし可能なら、どの花を使うか、先に見せてもらいましょう。イメージと違ったら、花を変えてもらうか、予算をアップします。

お花屋さんから完成した花束を受け取ったら、一緒に紙袋ももらっておきましょう。相手の方に渡すまで、花が傷つかないように保護してくれます。もらった相手も、持って帰りやすいです。





ネットからでも注文できます!

どうしても近くに好みのお花屋さんが見つからない場合は、ネット注文を利用するのも手です。花束の画像を見て、イメージにあうお花屋さんを探してみて下さい。贈りたい相手が遠方に住む場合も有効です。





























ちょっと個性的なのに、バランスよくまとまっていて、とってもおしゃれなこちらの花束は、MOBBSというお花屋さんで注文できます。フレッシュな花を当日厳選して製作し、出荷終了後には完成した花束の画像をメールで送ってくれます。送料は1,050円〜1,350円(地域によって異なる)。こういう花束を作ってくれるお店って、なかなか見つけられないので、ネット注文もいいですよね〜!



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。