スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCを使ったアンティーク風ラベルの作り方


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[制作過程] ブログ村キーワード

130813img.jpg世界に1つだけのオリジナルアンティークラベルの作り方」「アンティークラベルの作り方-おしゃれな英語フォント編-」ではラベル制作に必要な素材をご紹介しました。材料がそろったらあとはPhotoshopなどのフォトレタッチソフトでラベルをデザインするだけ! 自分の好きな言葉や数字を自由に入れられます。

それでは私が実際に作っていく過程をご紹介します。細かい部分はソフトによっても作る人によっても違うと思いますが今回はおおまかな流れがわかればOKということで……。






PCでアンティーク風のラベルを作る方法♪(写真付き)

sshtmlabel001.jpg

フォトレタッチソフトで背景となる素材を開きます。

今回はフレンチっぽいアンティークラベルが作りたかったので上品な黄ばみ具合(?)のこちらの紙テクスチャを選びました。





sshtmlabel002.jpg

好きな大きさにカットします。

ラベルを貼る予定のビンや缶を手にして実際に測ってみて下さい。私はカットトマトが入っていた缶に縦長のラベルが貼りたかったので、縦8.5cm横7cmに設定しました。

カットの方法はお好みで。私は「切り抜きツール」を使っています。これなら自分の使いたい場所を自分の好きなサイズにカットできます。感性に任せて「ここだ!」と思う場所を切って下さい。

レイヤーを「背景」に設定して触れないようにロックして下さい。





sshtmlabel003.jpg

飾り枠を乗せます。

「背景」レイヤーの上に新規でレイヤーを作ったら飾り枠を乗せて下さい。

私は先に全体のバランスを見てから作り込みたいタイプなのでここでは色を設定しただけで、かすれやぼかしなどの加工はしていません。

色の雰囲気も大事です。できあがりをイメージして選んで下さい。ここでは紫にしました。上品で大人っぽくってちょっとセクシー(笑)な感じです。





sshtmlabel004.jpg

イラストを配置します。

飾り枠と同じ色のイラストを中央に配置しました。今回の主役なので目立つように大きく。センター!

素材はこちらでお借りしました!⇒mihoのプリント素材





sshtmlabel005.jpg

テキストを入れます。

オリジナルなのでテキストの内容も自由です。自分のブログ名を入れてもよし、イラストにちなんだ文にするもよし。

主役になるテキストは装飾のキレイなフォントを選んで目立つようにイラストの上に置きました。脇役たちは目立たないようにすっきりとしたシンプルなフォントにしています。

キャッチコピーのような短いテキストと注意書きのような説明書きのような長いテキストを入れてメリハリを出しています。……出しているつもりです。

ちなみに今回初めてフランス語のラベルを作りましたが(むしろラベルも作るの初めてですが)文法は適当です。エキサイト翻訳ががんばってくれました。ありがとう!

他の方を見ていると翻訳サイトを使用されている方って多いです。読めないけど書けないけどおしゃれだから使いたい……それがフランス語!





sshtmlabel006.jpg

アンティーク感を出す。

よりアンティークな感じにするために加工します。「消しゴム」をブラシにして一部を適当に消すとインクがかすれたようになります。新規レイヤーを作り「ブラシ」機能で汚れを足す方法もおすすめです。無料のブラシツールを使えばシワ、シミ、ペンキや絵の具の汚れ、焦げなども簡単に表現できます。「フィルター」をかけたり「透明度」を調整して好みのアンティーク感に調整します。これには決まった方法はないです。

今回の場合ですと飾り枠・イラスト・テキストはいじりませんでした。線が細いのとイラストがすでに加工されているのでこのままで十分かなと。

「背景」の紙には新規レイヤーを作って「ブラシ」で黒のシミを足しました。「透明度」は10ぐらいなのでかなり薄いです。1つ上の画像と見比べていただくと少〜しシミが増えているのがわかります。





sshtmlabel00x.jpg

こちらはボツになった汚れ加工です……。スタンプのインクでラベルの隅を汚している方を見かけたのでマネして「ブラシ」の黒、透明度100で挑戦してみたのですが今回はシンプルにしたかったのでやめました。

ジャンクな雰囲気だと濃く&激しく汚した方がかっこいいと思うのですがアンティークの場合は控え目な方が上品に見えますね。





sshtmlabel007.jpg

保存!

納得のいく加工ができたら保存します。印刷するときキレイになるようJPEGのクオリティー100で保存しました。Photoshopなら解像度も設定して保存して下さい。(今回私が使ったソフトではできませんでした〜。見落としてるのかな〜???)

PNGは背景に何もなくて透過させたいときに使います。主にネット用。

いつでも修正できるように画像だけでなくレイヤーなどがいじれるデータも保存しておきます。PhotoshopならPhotoshop形式(.psd)、Illustratorなら.aiですね。これがあるのとないのとでは大違い。作った画像を「絶対に修正しない!」と思うならデータの保存は必要ありませんが「色違いで作るかも」「あとでまた使いそう」という場合は作っておいて下さい。JPEGだとすべてのレイヤーが結合されてしまい修正が面倒です。





tlff001i.jpg

できあがりはこちら。「フレンチ」「アンティーク」「シンプル」をテーマに作ってみましたがいかがでしょうか。それっぽく見えますか???

今回初めてラベルを作ってみてとても楽しかったです〜。なのでジャンクなラベルも作ってみました!





tlfj001i.jpg

汚すぎますか……?(笑)

フレンチよりボロボロに〜と思って作ったらこうなりました。インクはげはげ。シミつきまくり。紙ヨレヨレ。いろんな色のペンキが派手に飛び散っています。ぶしゃーっ!





「アンティーク ラベル 作り方」って検索すると印刷された紙をどうやってエイジング加工するかという方法ばかりで、デザインを自作されているかたも制作途中の画面を少し掲載されているだけでした。でも調べてみると「私もオリジナルのラベルをデザインしたいけどどうしたらいいかわからない」というかたがたくさんいらしたのでこのような記事を書かせていただきました。ちょっとでもお役に立てるといいのですが……♪



line.png




錆び缶・ペイント鉢・ビンとアンティークラベルのリメーク

楽しくリメーク! 錆び缶&錆び缶風の作り方を比較

テラコッタ鉢をペイントしてジャンクorアンティークにリメーク!

おうちにあるビンをアンティーク風にリメークする方法

ラベルをアンティーク加工して錆び缶&ペイント鉢&リメイクビンに貼ろう!

アンティークラベルを無料でダウンロードできるサイト

世界に1つだけのオリジナルアンティークラベルの作り方

アンティークラベルの作り方-おしゃれな英語フォント編-

フレンチ&アンティークなインテリア



line.png




ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。