スポンサーサイト


  • Share it!
  • Comment -
  • Trackback -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錆び缶&アンティーク風のビンにリメイク!


  • Share it!
  • Comment 0
  • Trackback 0

[リメイク] ブログ村キーワード






IMG_1321.jpg




錆び缶のことは以前にもお話ししましたが(⇒只今錆び缶製作中!!!)同時進行で空き瓶もリメイクしていました。



IMG_1322.jpg



IMG_1323.jpg



IMG_1324.jpg



こんな感じでトマト缶1つと茶色い小ビンをたくさん、透明な大きいビンを3本リメイクしました。それぞれのリメイク方法はネットで検索して色々な方の手法を参考にさせていただきました!

錆び缶の作り方⇒楽しくリメーク! 錆び缶&錆び缶風の作り方を比較
空き瓶のリメイク⇒おうちにあるビンをアンティーク風にリメークする方法

そしてリメイク前の姿がこちらです↓



IMG_1145.jpg



透明なビンは丸みを帯びたものが2つと四角いビンが1つです。この四角いビンは立体的なリーフの飾りがあってとてもかわいかったのですが、表面がツルツルしていて紙やすりで傷をつけるのが難しかったです。

右上ある小さなジュースの缶はスチール製です。トマト缶と一緒に錆び加工を試しましたがうまくいきませんでした。固いから切るのも大変だろうし、缶をリメイクするならアルミのほうがよさそうですね。



IMG_1325.jpg



こちらの茶色いビンは「中をよく洗わずにそのまま放置されていたビン」をイメージして傷や汚れを加工しました。(写真でははっきりと写らなかったけど……。)

最初はビンの表面に傷をつけて汚れはビンの中だけにつけるつもりだったのですが、思っていた以上にビンの色が濃くて何度重ね塗りしてもぼやけた感じになるだけでした。

もっとはっきりと液ダレの跡を出したかったので思い切って外側にも汚れをつけました。アンティークというより「汚い」「古びた」という言葉の方が似合いそうです。これにラベルを貼ったらもっと雰囲気が出るかな〜。



IMG_1326.jpg



錆び缶です。全体的にうっすらと錆びてます。濃い塩水を塗って一週間放置しました。徐々に錆が濃くなっていくのが面白かったです!

もっと錆の範囲を広げたい時は一週間も待たずに数日毎に塩水を塗った方がよさそうです。そうするとサビサビ〜になってジャンクな雰囲気になるのではないでしょうか。

これも後日ラベルを貼る予定です。



IMG_1327.jpg



そして最後にビン類。手前の白と緑のビンの右側は同じ種類のビンです。色が違うとイメージが違いますね。



IMG_1328.jpg



白は透明感があって繊細な雰囲気です。かわいいラベルが似合いそうヽ(*´v`*)ノ



IMG_1329.jpg



緑の着色はダイソーで買ったガラス絵の具というものを使用しました。他の方のブログでもよくステンドグラス風の飾り作りに使用されているのを見かけます。元々はガラスに貼れるシールが作れる絵の具のようです。

ボトルに入っているときはスモーキーな感じでアンティークっぽく見えましたが乾くと濃い緑色をしています。そしてステンドグラス作りに使用されるだけあってかなり透けます!

どろっとしているため水を足してビンを転がして中を着色しました。これが非常〜に塗りづらい。乾くのも遅い。そして水が多すぎるとキレイに色がつきません。

シールにもなるだけあって触るとべたべたしています。あと引っ搔きにも弱くて簡単に傷がつきます。



IMG_1330.jpg



色のムラと発色は気に入っています。アクリル絵の具のグリーンで作るとどう仕上がるのか比較してみたいな〜。

もしまた作る機会があったら……。

・乾くのが遅いためビンは小さいものを使う
・水の量は極力減らす
・乾くまで触らない
・乾いた後も傷・汚れがつきやすいので注意する
・べたつきや傷が気になるなら仕上げにクリアーカラーを塗るといいかも


こういった点に気をつけて再挑戦したいかな。



ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルインテリアへ 


スポンサーリンク



Share it!


Check it out!




Comment


Leave a Reply



※体調を優先し、お返事が遅れることがあります。


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。